Entertainment

米人気女優、和食レストラン「オヤッ」への特別な思い明かす。「大切な場所」

「おしどり夫婦」と言われながらもあっさり離婚してしまうカップルが多いなか、結婚から9年経った今でも仲睦まじいライアン・レイノルズとブレイク・ライブリー夫妻。つい先日には、ライアンが“直球すぎる口説きのセリフ”で猛アタックして結婚にこぎつけたことを明かし、話題になった。今度はブレイクが、2人のロマンスが始まった和食レストラン「オヤッ(O Ya)」での初デートを振り返っている。

ここ以上に意味のあるレストランは他にはない

Bangshowbiz20210803

ブレイク・ライブリー

 2011年公開の映画『グリーン・ランタン』での共演をきっかけに出会ったライアンとブレイク。しばらくは友人関係を続けていたが、2011年には交際を開始し、2012年に結婚した。  2人のロマンスが始まったのは2011年、米マサチューセッツ州ボストンに一緒に行ったときだったといわれている。ライアンは最近、ボストンに向かう電車のなかで、「僕と寝てくれ」とブレイクに迫ったことを明かしている。  そしてボストンに着いた2人が初デートしたのが、和食レストラン「オヤッ」だったという。  それから10年、2人はその思い出のレストランを再び訪れたようだ。先月末には、店内や店の外で撮影したと思われる夫婦のツーショット写真を、インスタグラムのストーリーにそれぞれ投稿した。  今では3人の幼い娘達がいるものの、初デートした日を忘れず、大切な記念日として毎年祝っているという夫妻。レストランを最初に訪れてからほぼ10年経つ今年、ブレイクは感慨深げにこう記している。 「この場所がなければ、私達はいま一緒にいない。ジョークで言っているんじゃない。私達にとって、ここほど意味のあるレストランは他にはないわ」 「10年後、私達はまだ『初デート』に出かけるの。そのときよりもずっと快適な靴を履いてね」

和食レストラン「オヤッ」ってどんなお店?

 実は、ブレイクがこのレストランについて言及するのは初めてではない。2016年には、ライアンの40歳の誕生日を「オヤッ」ニューヨーク店でお祝いし、「私たちはボストンのお店で恋に落ち、今もNYのお店で恋に落ちたままよ。最高の料理と思い出をありがとう! このレストランは、私たちの最高のお気に入りよ」とSNSに投稿していた。  では、ハリウッドの人気カップルを生んだ「オヤッ」とはどういうお店なのだろうか?  これまで夫妻がSNSに投稿しているお店の写真を見ると、日本人らしきスタッフもいるようだが、白人スタッフもけっこう多いようだ。だとすると、どういう料理を提供しているのかが気になるところ。そこで公式のSNSを見てみると、お寿司をはじめとした本格的な和食の写真が並んでいる
   ウニや牡蠣などの高級食材を使ったメニューが豊富で、見るからにおいしそうだ。  米メディアにも取り上げられる有名店だというこちらのお店。常連さんの存在はとても大切なようで、公式インスタにはお寿司の写真とともに、「いつも支えてくださって本当に感謝しています」と夫妻に向けたメッセージを投稿している。

東京五輪・選手村食堂の和食も大人気

 以前から世界で脚光を浴びている和食だが、ここ最近はその魅力があらためて注目されるように。  というのも、東京五輪に出場している選手たちの間で、選手村食堂の食事が大絶賛されているのだ。各国選手たちは、選手村食堂で食べているものをSNSに続々と投稿。外国人選手にとっては、特にお好み焼きや餃子が絶品のようで、7人制ラグビー女子米国代表のイローナ・マー選手は、動画投稿アプリ「TikTok」に餃子を食べる様子を投稿し、「世界一美味しい」と大絶賛。  女子飛び込みオーストラリア代表のメリッサ・ウー選手も、選手村食堂の動画をインスタに投稿。「選手村では、毎日が最高の日々!」と記し、日本食グルメを堪能している様子をうかがわせている。
 これ以外にも、選手村食堂の多種多様なグルメが投稿され、ネット上では「美味しそう」「食べてみたい」と話題沸騰中だ。  いずれにしても、和食がハリウッドのビッグカップルや世界のアスリートの幸せに貢献しているのは、嬉しい限りだ。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ