Entertainment

「ドジでバカ」「女は家を守れ」女性の社会進出と逆行するロマコメの女性像

 芸術性に欠けているからと、映画評論家やシネフィルからは低く評価されるロマコメ映画。ですが、ロマコメの女性性の表現にこそ、性差別や社会的課題が見いだせると教えてくれるドキュメンタリー、『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』が8月に登場します。
『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』より

『Romantic Comedy/ロマンティック・コメディ』より

 8月から始まる配信サービス「APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMA」のオープニング作品の1本、エリザベス・サンキー監督が制作したこのドキュメンタリーは、ロマコメ映画をジェンダー視点から考察するフィルムエッセイです。 『APARTMENT by Bunkamura LE CINÉMA』は東京・渋谷の映画館 Bunkamuraル・シネマが運営するオンライン映画館ですが、月額等を支払うサブスクリプション形式ではなく、1本ごとに買い切りの有料鑑賞形式なので、ロマコメ好きの方にはぜひ観ていただきたい作品です。  1930年代から現代までの有名なロマコメのシーンをコラージュした本作から、興味深い視点を紹介しましょう。

キャリアウーマンがドジでバカに描かれた2000年代

キャリアウーマンがドジでバカな女だと描かれる性ステレオタイプ

『ブリジット・ジョーンズの日記』

 まず、ロマコメでは、キャリアウーマンがなぜか“ドジでバカ”だと描かれている点。『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)のレニー・ゼルウィガー、『ウェディングプランナー』(2001)のジェニファー・ロペス、『トゥー・ウィークス・ノーティス』(2002)のサンドラ・ブロック、『ラブ・アクチュアリー』(2004)のマルティン・マカッチョン(ヒュー・グラントの相手役)らは、デキる女性のはずなのになぜかいつも失敗ばかり。そんな彼女たちを救出するのはいつも男性で、彼女たちは彼らと必ず恋に落ちてしまう……。  確かに、「軽いユーモアで語るラブストーリー」がロマコメの定義なので、コメディ要素は必須。しかし、サンキー監督はこういった女性の描写が性ステレオタイプとなり、特に、少女たちにとって有害なロールモデルとなる、と指摘します。

1930~40年代映画の女優は男性俳優よりもギャラが多かった!?

 次に興味深い指摘は、1930~1940年代のロマコメに登場する女性像が現代の女性像よりも、ずっと強く知的に描かれていた点。  面白いことに、1930年代にはハリウッドがまだ一大ショービジネスとして確立されていなかったことから、移民や女性が多く活躍しており、女性の配役は男性よりも多く、ギャラも男性よりも高かったそう。
1930~40年代映画の女優は男性俳優よりもギャラが多かった!?

『ゲティ家の身代金』

 それから90年もたったいま、ハリウッドの男女間に大きな賃金格差があることは皆さんもご存知でしょう。例えば、『ゲティ家の身代金』(2017)の再撮影時には、主演のミシェル・ウィリアムズとマーク・ウォールバーグのギャラに1億円以上も差があったことが報じられて、大きな波紋を呼びました。結局、ウォールバーグがギャラの全額をミシェル・ウィリアムズの名前でセクハラ支援基金に寄付したことで騒ぎが静まりましたが、ウィリアムズのほうがウォールバーグよりも映画賞のノミネートが多いことを踏まえると、この格差は性差別だと言えます。
自分を対等に扱ってくれる男性と恋に落ちていた

『赤ちゃん教育』

 加えて、サンキー監督は、『赤ちゃん教育』(1938)のキャサリーン・ヘップバーンや、『ヒル・ガールズ・フライデー』(1940)のロザリンド・ラッセルの例をあげながら、この時代の女性キャラクターは、男性とウィットに富んだ会話を楽しみ、自分を救ってくれる男性ではなくて、自分を対等に扱ってくれる男性と恋に落ちていた、と言います。先述した2000年代前半の映画の女性キャラクターとは実に対照的ではないでしょうかーー。
次のページ 
第二次世界大戦がロマコメにもたらした影響
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ