Lifestyle

オンライン会議で「部屋もっと見せてよ」。男上司の異常な“リモハラ”

 今や、自宅からパソコンを通してオンライン会議や打ち合わせに参加することも日常の光景となりました。プライベートな空間にいながら仕事モードに切り替えるのはなかなか難しくもありますが、満員電車に乗ることを考えたら少し気楽のような気も。
リモートワーク 自宅作業

写真はイメージです(以下同じ)

 今回は、そんなオンライン会議で繰り広げられた、上司のまさかの行動をお伝えします。

オンライン会議が大好きな男性上司。理由に引く……

 上司の“トンデモ行動”に悩まされているのは、都内で一人暮らしをしている塩谷ミキさん(仮名・27歳)。取材した2021年7月時点では、週の3分の1から半分ほどを自宅作業にあてているというお話でした。 「基本的に、自宅作業のときは毎日オンライン会議があります。本当は毎回やらなくてもいいはずなのですが、上司がオンライン会議をめっちゃ好きなんです。今日の進捗状況をわざわざオンオンライン会議で顔を合わせて報告したり、『なにか俺への質問はないか』というだけで会議の招待メールを送ってきたり。本人いわく、リモートで直接顔を合わせられないからこそ、密なコミュニケーションが必要らしいです」 テレワーク夫男性パソコン仕事 通勤時間が短縮され、自宅で効率的に作業できるのがリモートのメリットでもあるはず。そんなに頻繁に会議を開催されるのも、相当ストレスが溜まりそうです。 「そうなんですよ。しかも上司がオンライン会議が好きな理由っていうのが、『画面越しにその社員のプライベートな空間、知らなかった一面が垣間見れて興味深いから』だとか。  自分の部屋を映さないために背景を変えている人もいますが、結構気にせずそのまま映してしまう人も多くて。私もそのタイプだったのですが、ある日会議中に上司から『結構、夜は主張が激しい感じなんだね~(笑)』と言われて……。  え、夜? なんのことかと思いますよね。

画面に写り込んだ私服に「俺好み」「たまらない」

 上司が見つけたのは、パソコンの画面の隅に映り込んだ塩谷さんの“パジャマ”でした。彼女は、普段はキリっとクール系のキャラクター。しかし実は可愛いものが大好きで、パジャマもガーリーで可愛らしいものや、淡い色とフリルのついたシルクのものなど、こだわりもとてもあるそうです。 「映り込む範囲を考えていなくて、放置してしまった私もズボラで悪いと反省しつつ……わざわざみんなの前で感想を言う上司も上司ですよね。愛想笑いでごまかそうとしたら、『普段とのギャップが逆に萌える』とか、『男ウケバッチグー!』、『俺好み』と、どんどん一方的に話を進めてくるんです」  上司の感想なんぞ聞いていないのですが、被害はこれだけではおさまりません。
次のページ 
本棚を覗いて「もしかして不倫とかアリなタイプ?」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ