Human

後悔はない?安定した教師を辞めて、モデル&カメラマンになった女性の選択

「モデル」といえば、女性にとって憧れの職業のひとつでしょう。とはいえ、収入は不安定だし、仕事内容はピンキリだし、そもそもどうやってなるのかわからない。  そんな中、とある仕事で出会ったモデルの彩雪さん(あやせ、28)は、前職が「高校教師」、しかも数学の先生だったそう。めずらしい転身に興味を持ち、話を聞いてみました。
彩雪1

彩雪さん

教師になると決めたら一直線

 スラリとした長身の彩雪さんは、その日、マニッシュなパンツスーツで現れました。富山県出身で、大学はなんと理学部数学科。しかし高校で数学を教えるなんて、聞くだけで頭が痛くなりそうです。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
彩雪2

パンツスーツで登場(撮影・藤井敦年)

「中学生の時に、数学にハマったんです。パズルみたいで面白くて。中3で受験勉強をしながら、もっとレベルの高い数学をやりたいなと思って、高校の参考書を買って勝手に勉強するくらい好きでした。  それと、小学生から大学までバスケットボールをやっていました。数学とバスケを両方生かせる仕事はないかな?と考えたとき、教師をパッと思いついたんです。親が教師だったこともあるんですけど」
彩雪3

バスケットボールが大好き

 昔から、負けず嫌いで「ハマったら結果を出さないと」という性格だった彩雪さんは、大学卒業後に、地方都市で目標どおり数学教師になります。  ですが、同時に子供の頃からアートや表現することにも興味があったそう。実は「数学」って、哲学やアートと重なる部分も多いんです。 「私の専門は複素解析学といって、虚数の微分積分を扱うんです。i2 = -1、はじめてこれを知ったとき、なんで数の2乗がマイナスになるんだろうって不思議に思いました。謎が多いから面白い。  あと、これもちょっとオタクっぽい話なんですけど、『マンデルブロ集合』ってYouTubeで検索してみてください。数式からアートの世界が垣間見れてとても美しいです」  えっと、これ以上の数学話はついていけません…。

楽しかった教師を1年で辞めたわけ

 そこまで好きな数学の教師になったのに、彩雪さんは1年で辞めてしまいました。やっぱり教師はストレスが多いから? 「いえ、教師の仕事はめっちゃ楽しかったです。生徒も、お姉ちゃんみたいに慕ってくれて。担任を持って、バスケ部の部活もあったので、学校と家の往復で土日もない感じでした」
彩雪4

(撮影・藤井敦年)

 そんなに楽しかった教師を、1年で辞めたのはなぜでしょう? 「私、学校以外の環境を知らないんですよ。で、『一生これを続けていいのかな?』と思い始めた。生徒から、進路相談とか人生相談を受けるんですけど、人生について私が教えられることが少なかったんです。  生徒たちから進路の話を聞いていると、いろんな職業があるんだな、もっといろんな世界を見てみたい、と思いました。生徒たちはみんな行動し続けている。私も、行動し続けないとダメな気がして…いっぺん外に出てみよう、と決心したんです」  辞める時には、生徒たちがサプライズで色紙やアルバムを用意してくれて、「人生で一番泣きました」と彩雪さん。
次のページ 
自分が幸せだと思うように生きてあげないと
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ