Love

自称Aカップの地味な30代が、スタイル美人になって結婚。一体何が?

 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。  私のところへ相談に来られる方の中には、まともな恋愛経験がないという女性も多いです。愛子さん(仮名、32歳・IT関係)もそんな方でした。
窓から外を眺める女性

写真はイメージです(以下同じ)

 人生の中で毎日お化粧していたのは就職活動期間ぐらいだったそうです。髪の毛はいつもドライヤーを使わず自然乾燥のため“うねって”おり、服装の趣味も20代で止まっていて、悪い意味で年齢不詳の幼いおばさんでした。結婚相談所に登録したものの婚活がうまくいかずに、相談にいらっしゃったのです。

いつも背中を丸めて、バストの位置も下すぎる女性

 写真の撮りなおしも必要だけれど、写真だけキレイで会ったら手抜きでは次につながりません。「いい女」以前の「普通の30代女性」を目指し、メイクや髪のブローも習ってもらいました。服はデートで着られる服がほとんどなかったため買い足すものが多く、ZARAやUNIQLOなどのファストファッションも活用して普通の年相応女性になるべく一緒に買い物に行きました。  ぶかぶかかふんわりしたシルエットから少し体の線がでるような服を試しに試着してもらって試着室から大人女性が出てくることを期待したのに、出てきたのは背中の丸いもっさりした幼いおばさんでした。よく見るとデコルテからだいぶ下におっぱいがあり、位置が低すぎることに気づきました。  愛子さんはまだ30代前半で若いし、太ってもいないのに、一体なぜこんなことに。 下着 採寸 ブラ「愛子さんってブラジャーのカップいくつですか?」 「貧乳なんですよね。Aカップです」 「ブラジャー合ってないと思いますよ。愛子さんならCぐらいあると思う」 「え! そんな巨乳じゃないと思いますけど」  これはもしや……と思って聞いてみます。 「バストのサイズを採寸したことありますか?」 「採寸したこと、ないです」

「貧乳だからAカップ」と思い込んでいた

 それから私たちはブラジャーを買いに行ったのでした。道すがら聞くと、愛子さんは学生時代とずっと同じサイズのブラを購入しているそうです。「体重も身長も大きく変わっていない」という理由ですが、それでも体型は変わっているはず。  下着屋さんできちんと採寸してもらい、サイズに合うブラジャーを試着すると試着室の中から 「すごい! 谷間あります!」  と、歓声が聞こえてきました。  ちゃんと採寸したところ、愛子さんはCカップでした。「Cカップなんて他人事で、ものすごくグラマーな人のサイズだと思っていた」そうです。
次のページ 
今のCカップは“巨乳”じゃない
1
2
3
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ