Entertainment

いつの間に?! トップ女優、第2子出産。先週末に妊娠を公表したばかり

 2度の離婚を経験し、一時は「一夫一妻制は不自然」とも話していたスカーレット・ヨハンソン。結婚という制度に疑問を投げかけていたかと思いきや、2019年には人気コメディアンのコリン・ジョストと婚約、昨年に3度目のゴールインを果たした。そして先月に妊娠が報じられたばかりのスカーレットが、いつの間にか男の子を出産していたことがわかった。

夫がSNSで子供の誕生を正式発表

Banghsowbiz20210820

スカーレット・ヨハンソン

 現地時間の今月18日、スカーレットの代理人が、夫婦に第1子が誕生したことを発表した。この代理人は、米芸能誌『ピープル』に対し、スカーレットが「最近出産した」ことを認めたが、それ以上の詳細については触れなかった。  最初の発表からわずか一時間以内に、今度は夫のコリンがインスタグラムを更新し、第1子の息子が誕生したことを報告。そこで、赤ちゃんの名前も明かされた。 「僕達に赤ちゃんが生まれたよ」 「彼の名前はコスモだ」  そしてコリンは、「プライバシーに配慮してほしい」と過剰な取材を控えるよう求めたうえで、最後は「ご質問は広報担当のマイケル・チェまで」と締めくくった。だが実は、このマイケル・チェという人物は、夫婦の広報担当ではない。コリンが出演しているトーク番組『サタデー・ナイト・ライブ』で共演するコメディ俳優だ。  さすが売れっ子コメディアンだけに、自分たち夫婦に子供が誕生したことを伝える際にも、ジョークを交えることを忘れなかった。
 そんなコリンは先週末、スタンダップコメディのステージで、スカーレットが妊娠していることを初めて明らかにしていたばかりだった

「ディズニー提訴」が騒がれる中、ひっそり出産?

 ここ数か月、出演作『ブラック・ウィドウ』のPRイベントなどに姿を現さず、TV番組でもリモート出演していたことから、妊娠説が囁かれることになったスカーレット。
 今年7月に初めて妊娠が報じられ、各メディアは関係者の話として「出産予定日は間もなく」と伝えていた。  7月といえば、スカーレットが『ブラック・ウィドウ』の配信をめぐり、ディズニーを提訴したことが話題に。映画館の興行成績に応じて報酬を得ることになっていたというスカーレットは、ディズニーの配信サービス「ディズニー+」が、劇場公開と同時に映画を配信したことにより、正当な利益を得ることができなくなったと主張。同時配信は「契約違反」だと訴えたのだ。  米エンタメ界で絶大な力を持つディズニーに挑んだことで、大きな注目を集めたスカーレットだったが、どうやらその間にメディアに騒ぎ立てられることもなく、ひっそりと出産を終えていたようだ。  スカーレットには、フランス人ジャーナリストの元夫ロマン・ドリアック氏との間に生まれた娘ローズちゃんがいるため、今回誕生したコスモ君は2人目の子供になる。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ