Fashion

今年、ビーチサンダルを履けなかった人へ。夏の終わりのビーサン活用術

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。夏に欠かせない楽ちんサンダルの一つ、ビーチサンダル。とはいえ今年もとくに出かける予定もなく、このまま近所を出歩くだけで終わってしまうのでしょうか。いえいえ、今からでも間に合います!
ビーチサンダル

ビーチサンダル、今年は出番が少なかったという人も多いのでは?(写真はイメージです)

 8月も終わりに近づいていますが、まだまだ暑い日は続きそう。今回は、夏の終わりにも使えるビーチサンダルのおしゃれな履きこなしについてご紹介します。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

ボリュームワンピorスカートでドラマティックに

 ビーチサンダルはデザインそのものが非常にシンプル。なので、トップス・ボトムスどちらのお洋服も細身でコンパクトなシルエットにすると、ボディラインにメリハリが生まれにくくなります。とくにボトムスは裾まわりにボリュームの出るワンピースかロングスカートを合わせると、全身のバランスが整ったスタイルになりやすいのでおすすめですね。 ビーチサンダル ワンピースもIラインシルエットよりはAラインシルエット。スカートもタイトスカートではなくティアードスカートなど、ドラマティックでフェミニンな要素の強いアイテムとぜひ組み合わせてみてください。お洋服の持つ女性らしさとビーチサンダルの持つヘルシーな印象がちょうどよく相まって足首をより華奢に見せてくれますよ。

きちんと見えワイドパンツで抜け感コーデに

 大人のビーチサンダルコーデはボトムスとの組み合わせが重要とお伝えしましたが、スカートだけでなくパンツも同様です。パンツはスカート以上にデザイン・シルエット・素材選びといったでディティールにこだわるとより良いですね。 ビーチサンダル おすすめはワイドパンツ。ただし、ボリュームがあり過ぎると着こなしがカジュアルになり過ぎるので、やや細身のセミワイドパンツがベストバランスではないでしょうか。素材はジョーゼット素材など適度なツヤととろみのあるパンツできちんと見せを狙うと洗練さアップ! デニムはハイライズデザインを選んで脚長効果を引き出しましょう。パンツは足首丈だとツンツルテンとした印象になりやすいので、フルレングスがマストです。
次のページ 
ビーサン以外も……夏のサンダル、いつまで履いてOK?
1
2
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらの「お問い合わせフォーム」まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ