Lifestyle

豪雨被害ではお金が出ない保険も。自宅・実家の災害保険をチェックして

女性が一生、お金に困らないためのレッスン vol.11/経済評論家・佐藤治彦>  大きな財産、マイホーム。でも台風や地震などの災害で被害をこうむることも。  今回は住宅保険や火災保険の注意点についてです。あなたの家や実家は大丈夫でしょうか? (以下、佐藤治彦さんの寄稿です。)

台風や異常気象、マイホームは大丈夫?

台風、大雨

写真はイメージです(以下同じ)

 東京オリンピック2020も中盤の7月28日。  台風8号が1951年の統計開始以来、初めて東北に上陸し東北各県を襲いました。  今までの常識では、日本にやってくる台風は、西日本や関東までは台風としての勢力を保っていても、東北や北海道に達するころには温帯低気圧にスケールダウンする、とされていました。台風のまま東北に上陸するようなことはありませんでした。  温暖化による異常気象の影響でしょうか。その常識が今年の夏に覆りました。  2018年夏に200人もの命を奪った西日本豪雨以来、毎年のように50年や100年に一度という災害が日本を襲っています。  この数年でよく聞くようになった気象用語「線状(せんじょう)降水帯」が今年の8月半ばは1日どころかほぼ1週間近くも日本列島に居座り、西日本から中部地方を断続的に襲い、各地は深刻な被害を被りました。そして、翌週からすぐに野菜の値段は跳ね上がりました。生産地にどれだけの被害をもたらしたかを如実(にょじつ)に表しています。  皆さん、そして、皆さんの実家は大丈夫だったでしょうか?

あなたの住宅保険や火災保険、対象は?

マイホーム マイホームは誰にとっても大きな財産です。いざという時にその資産を守ってくれる、マイホームをお持ちの方のほとんどが入っている火災保険や住宅総合保険。  それらは火事だけでなく、台風などで被害を被ったときも適用されることがあります。ただ注意点があります。  それは、保険を建物にかけているか? 家財道具にかけているか? 両方にかけているか? というところにあります。風によって窓ガラスが割れ、激しい風雨で家のカーテン、家具、テレビなどの家電製品が使えなくなった。そんな時、窓ガラスは建物の保険で、テレビなどは家財にかけた保険でカバーされます。自転車は家財ですが、自家用車はどちらの対象にもなりません。ご存知だったでしょうか?  そこで、今回は建物と家財道具にかけている住宅保険や火災保険について考えてみたいと思います。  ぜひ、自宅だけでなく、実家のことも考えてあげてください。被害を受けて、保険を調べてみたら不備があり、保険金が出なかったとなったら、親の人生だけでなく、間違いなくあなた自身の人生にも大きな影響が出ると思うからです。
次のページ 
水害は補償の対象になってない場合がある
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ