Gourmet

無印良品から“焼いてあるナン”がついに発売。食べてガッカリのワケ

 無印良品のナンといえば、材料を混ぜて完成する「フライパンでつくる ナン」。加えて新しく、2021年5月にトースターで温めるだけですぐに食べられる「ナン」が発売されました。  フライパンでつくるナンとの違いを比較しながら実食レビュー。約3分で食べられて、190円(税込)のお手頃価格が魅力のナンです。 【フライパンでつくるナンの作り方】⇒無印良品「フライパンでつくるナン」、フライパンよりおいしい焼き方を発見

温めるだけですぐに食べられるナン

温めるだけですぐに食べられるナン 無印良品の既存商品である「フライパンでつくる ナン」は、1袋190円(税込)のうれしい価格でボリュームがあるのが特徴です。魅力的な商品ではあるものの出来上がるまで20~30分かかるので、帰宅後の疲れている状態や時間がないときに食べるには不向き。  つくる手間がなく温めるだけで食べられるナンなら、いつでもすぐに食べられます。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

おひとりさまに丁度いいサイズ

おひとりさまに丁度いいサイズ 15センチほどの食べきりやすいサイズです。オーブントースター(予熱なし)で1分、または180度のオーブン(予熱なし)で2分、表面がカリッとする程度に温めれば完成します裏面にはこんがり焼き色がついてる 一枚ずつ手でのばし高温で一気に焼き上げているので、裏面をみるとこんがり焼き色がついています。
次のページ 
あらら、食べてガッカリ…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ