Entertainment

岡田健史の独特すぎる筆跡に見る熱い性格。生活に困らない「開運筆跡」も

 所属事務所スウィートパワーとの契約解除を求めて裁判所に仮処分申し立てをしていた、俳優の岡田健史さん。8月31日に和解が成立し、2023年3月末の契約満了まで所属することに。そして自身のインスタグラムで直筆のコメントを発表しました。  岡田さんといえば、2018年に『中学聖日記』(TBS系)の黒岩晶役で俳優デビュー。2021年は『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)と続けて話題作に出演するなど今注目の若手俳優です。
岡田健史、筆跡鑑定

岡田健史ファースト写真集 「鼓動」 throbs

 今回インスタに掲載したコメントの字がなかなか個性的。まるで、詩人で書家の相田みつをさんのような独特な筆遣いで、一度見たら忘れられない筆跡をしています。  こんなインパクトの強い字を見たら、筆跡アナリストとしては分析せずにはいられない……! ということで、今回は岡田健史さんの筆跡を分析してみます。

波乱万丈を好み、常にポジティブシンキング

波乱万丈を好み、常にポジティブシンキング

(画像:岡田健史公式Instagramより、以下同じ)

 まず気になるのは、字の大きさと流れ方。わざとアーティスティックに書いた可能性もありますが、字が大きかったり小さかったりと定まっておらず、しかも文章がうっすら左向きに流れています。  大きい字と小さい字が混合するタイプは、平凡な毎日が耐えられない波乱万丈な人生を好むタイプ。一か八かの大勝負にワクワクするところがあり、将来大物運がある人も。  また、文章の終わりの方向(縦書きの場合は左下)に向けて流れるのは、未来志向で楽観的。過去よりも先の楽しみに目を向ける傾向があり、常にポジティブに物事をとらえます。  文章からも、もめたにも関わらず、とても前向きな印象を感じます。言い分が通るかどうかというよりも、やるだけやってスッキリした、という感覚なのかもしれません。

昔気質な、律儀で頑固な性格

真面目で筋を通したいタイプ 岡田さんの字は、線が太くて力強く、パワーを感じます。また「間」や「国」、「見」などの四角い字の四隅をきっちりくっつける傾向にあるので、真面目で筋を通したいタイプ一度言い出したら聞かないかたくなさもある「跡」や「紛」などへんとつくりの間が狭いところを見ると、一度言い出したら聞かないかたくなさもあるかもしれません粘り強く最後までやり抜こうとする 「馬鹿」や「学」などハネも大きめ。粘り強く最後までやり抜こうとする責任感の強さもあるでしょう。  イメージとしては、高倉健さんが演じる昔気質な男性のような、頑固で律儀な性格。字から漂う独特な味も、にじみ出る熱い情のようなものを感じさせますよね。
次のページ 
開運の筆跡とは?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ