Love

不倫沼からぬけ出すきっかけは、髪を染めた私を見て言った彼の一言

 女性がヘアスタイルをガラッと変えるのは、なかなかの覚悟がいりますよね。  今回は、髪色を変えたことがきっかけで不倫の恋から抜け出せた女性のエピソードをご紹介しましょう。
美容院、美容師、ヘアカット

写真はイメージです(以下同じ)

関係をもった後に既婚だと知らされた

 原田加奈子さん(仮名・29歳・デザイン事務所勤務)は、妻子のいる男性Sさん(38歳・不動産業)と不倫関係になり3年になります。   「当時、無理やり同僚に付き合わされた相席居酒屋でSと出会いました。軽いノリで連絡先を聞いてくるチャラい人だなって印象でしたね。“郷にいれば郷に従え”だと思って交換しましたが」  すると、ガードの固い加奈子さんがいくら冷たくしてもSさんは毎日LINEしてきました。 「そしたら、いつの間にか明るくて話題が豊富なSって良いなと思うようになってきて。そんな時、急に3日間もSからLINEがこなくなってしまい寂しくなって、しょっちゅうスマホばかり見てしまって」  ついに自分からLINEしてしまった加奈子さん。 「それからすぐに会う事になり、男女の仲になるのですが…その時に初めてSから『言ってなかったけど既婚者なんだ』と聞いてショックでしたね」  しかも、実は加奈子さんには恋愛経験が全くなく初めて関係を持った相手がSさんで…。

彼に好かれたくて髪型も黒髪ロングに

「もう好きになってしまった気持ちを止める事が出来なくて、不倫でもいいから関係を続けようという事になりました。今思うと本当に馬鹿なのですが…この時とても嬉しかったんですよね。なにせ初めての事ばかりで、トキメキ爆発という感じで」  加奈子さんはSさんに好かれたくて、Sさんがファンだという女子アナと同じヘアスタイルにしました。 「そしたらSが『スゴく可愛いよ、よく似合ってる』と褒めてくれてポーッとしてしまって。まぁ、黒髪ロングのシンプルなスタイルなのですが。とにかくSは清楚系が好きなんですよ」 ベッドに突っ伏して泣く女性 そんな感じで自分を見失い、Sさんとの不倫沼にズブズブにハマってしまった加奈子さんでしたが、さすがに最近疲れてきたそうで…。 「3年も経つと、私にあまり気も遣わなくなってきて、平気で奥さんや子供の話をしてくるようになって。私の事なんだと思っているの?とモヤモヤするようになってきたんです」
次のページ 
彼からの否定の言葉で目が覚めた
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ