Human

医師で3児のママ・内田舞さん「『ドラえもん』のしずかちゃんがきっかけで渡米しました」

 8月下旬、タレントのおのののかさんと、米国の医師・内田舞さん(38)の、twitter上でのやりとりが話題になりました。妊娠中のおのさんがコロナワクチンを打つ不安を訴えたのに対して、内田さんは自身も2月に妊娠中でコロナワクチンを打った経験をふまえて、医学的に解説してくれたのでした。
内田舞さん1

3人目を妊娠中にコロナワクチンを接種した内田舞さん

米国の医師で3児のママ

 その内田舞さんは、小児精神科医。北海道大学医学部在学中にアメリカの医師国家資格に合格し、イェール大学に研修医として採用されました。2013年にハーバード大学でassistant professorとして研究と教育研究員をするかたわら、マサチューセッツ総合病院小児精神科のセンター長を務めています。  なんと最年少で米国医師免許を取得した日本人なのだとか。しかも3児のママですよ!目まいがするほどすごい経歴ですよね。  そんな内田さんに、アメリカに渡ったワケや、働き方について聞きました。  内田さんが、アメリカに渡ることを決意したきっかけは、なんと「しずかちゃん」なのだそうです。  しずかちゃんとは、誰もが知る国民的作品『ドラえもん』の、あの源しずかちゃんです。え、なんのこと?ですよね。  ではみなさん、しずかちゃんってどういうイメージですか?  優等生で気がきいて優しくて……悪いところを思い浮かべる人はいないのではないでしょうか。 「頭はいいし、やさしいし、明るくてポジティブ。『源』という名字からも、出自のよさそうな家庭の女の子なのかなと想像できますよね」(内田さん、以下同)  ですが内田さんは、しずかちゃんみたいになりたい、とは感じなかったそうです。

しずかちゃんより、ドラえもんを開発する人になりたい

「知性もあり、性格もよくて、いろんな能力を持っているしずかちゃんですが、のび太やスネ夫をリードすることはありません。リーダーになって欲しい人として描かれていないのです。能力を発揮する場所も見たことがありません。  あんなによくできた子なのに、周囲の男子からは『しずかちゃんならわかるはずだ』といったふうに見られていません。  日本社会の理想の女性像は、能力があって、美しくて、いろんなものを持っているのに、それを発揮して何かを創り出したり、ものごとを進めることはしない『わきまえている』女性なんです」  優等生なのに誰からも頼りにされず、スカートをめくられたり、お風呂を覗かれて「のび太さんのエッチ!」なんて言いながら、なんとなくまた男子に寄りそう、それがしずかちゃんです。
内田さんと家族

夫と2人の子とハロウィンで

 筆者の知り合いは男性同士の会話で、「しずかちゃんははっきりものを言わないし、自分を綺麗に飾ろうとするところがある。だからのび太くんをキープしつつ、出木杉(できすぎ)くんと仲が良い」と話したそうです。 「もちろん、男性を支えることが自分の幸せ、という人もいるでしょう。それは否定されることではありません。  でももし私が、しずかちゃんのような能力を持っていたら、のび太くんの世話をする人よりも、ドラえもんを開発する人になりたい。自分の能力や思考を使って人のためになることをしたい、と思ったのです」(内田さん、以下同)
次のページ 
日本の医学部で「女性には無理だ」と
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ