Gourmet

カルディの“焼いて食べるチーズ”が美味しいのなんの。焼き方のコツ教えちゃう

 アイ・ラブ・チーズ。ブッラータにモッツァレラ、リコッタといったフレッシュチーズから、セミハードタイプのゴーダ、白カビタイプのカマンベールもいい……。一口にチーズと言っても、その種類はじつに豊富です。それに、それぞれに味わい深いものだから、日替わりでいろいろなチーズを食べるような、“チーズ漬け”の生活に憧れずにはいられません。
カルディ「カチョカバロチッコロ」が止まらない

焼いて食べると美味しいチーズを発見!

 そこで今回は、チーズ好きの心をくすぐるこんな一品に注目! カルディで人気のあの“焼いて食べるチーズ”を、フライパンでジュワーッと。た、たまりません……悶絶。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

見つけたらラッキー!「カチョカバロチッコロ」

 珍しい輸入食材がズラッと並ぶカルディ。店内の冷蔵・冷凍コーナーでは、世界各国のさまざまなチーズが取り扱われていて、見ているだけでも楽しくなってしまうのですが……。  なかには見つけたらラッキー、即買いなチーズがあるのです。
「長沼あいす カチョカバロチッコロ(スモーク・100g)」

「長沼あいす カチョカバロチッコロ(スモーク・100g)」(505円/税込)

「長沼あいす カチョカバロチッコロ(スモーク・100g)」(505円/税込)は、北海道長沼産のミルクで作られたナチュラルチーズ。ちょっと呪文みたいな名前ですよね。  コロンと丸く、プクプクと可愛らしい一口大のこのチーズは、商品名にもなっている“カチョカバロ”というイタリア発祥のチーズです。原料は牛乳。柔らかそうな見た目に反して、水分を抜く過程でギュッと硬く仕上げられているハードタイプのチーズに分類されるのだそう。
コロンと丸いチーズ。

コロンと丸いチーズ。

 では、このカチョカバロのどこが品切れするほどの人気なのか? それは、食べ方との関係が大。  塩味も強くなく、そのまま食べてもいいのですが、カチョカバロは“焼いて食べるチーズ”とも言われているのです。その様がもう、写真や動画で見るだけでもよだれもの……。  それでは早速、「カチョカバロチッコロ」を焼いていきましょう。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

薄く小麦粉をまぶして弱火で1~2分

 ここからは、カルディの公式Instagramの投稿を参考に、「カチョカバロチッコロ」を焼いてみたいと思います。  まずは、「カチョカバロチッコロ」に薄く小麦粉をまぶします。
薄く小麦粉をまぶします

薄く小麦粉をまぶします。

 あとは、それを熱したフライパンで焼くだけ!
熱したフライパンで焼きます。

熱したフライパンで焼きます。

テフロン加工のフライパンを使ったので、油は引かずにそのままイン。
火は弱火で。

火は弱火で。

 弱火で様子を見ながら焼いていくと、わずか1~2分でチーズがとろけ出してきました。
1~2分でとろ~り。

1~2分でとろ~り。

 思っていたよりも広範囲に進出してくるので、間隔を空けて並べるといいかも。  チーズのジュワジュワ、フツフツ感が出てきたら、裏返して反対側も焼きます。
裏返して反対側も焼きます

裏返して反対側も焼きます。

 こんな感じでしょうか?
ちょっと焼きすぎたかも。

ちょっと焼きすぎたかも。

 いや、何かが違うような。
次のページ 
焼き方にちょっとしたコツがあった
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ