Entertainment

『恋です!』ヤンキー役・杉野遥亮がブレイク寸前!親近感が湧く演技の秘密

「#恋です」がTwitterトレンド1位を獲得するなど話題のドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』に出演中の杉野遥亮(26)が、大ブレイク寸前だ。 【関連記事】⇒カップル演じた福原遥×杉野遥亮「お風呂上がりの変な習慣」を打ち明けあう
日テレ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』公式ページより

日テレ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』公式ページより

「ネクストブレイク俳優」としての着実な歩み

 2015年、法政大学在学中に雑誌『FINEBOYS』専属モデルオーディションでグランプリに輝き、翌年、石原さとみ主演ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で俳優デビューを果たした杉野。  俳優デビュー時期に出演したaikoのシングル「プラマイ」のMVでは、ストーカー彼女の闇深い日常に対して、爽やかな好青年役が好感度抜群だったが、それ以上でも以下でもない新人といった印象はあった。  単発ながらドラマ初主演となった『福岡恋愛白書13』の一篇『キミの世界の向こう側』(2018)では、奈緒演じる“ろう者”のヒロインに一目惚れし、不器用でも真っ直ぐなアプローチを続ける男子大学生を等身大の演技で好演。  彼女とコミュニケーションを取るために熱心に手話を勉強し、諦めずにコミュニケーションを取ろうとする役柄からは、演技に対するひた向きさも垣間みえた。  その後、好青年役からシリアスな役どころまで演技の幅を着実に広げながら、常に「ネクストブレイク俳優」として活躍が期待されてきた。

共演相手の「鏡」になるような演技とは

MBS『スカム』公式ページより

MBS『スカム』公式ページより

 『キミの世界の向こう側』の大学生役のように、杉野の演技ベースには、相手の立場を理解して、相手を知ろうとする態度がある。MBSの「ドラマイズム」で放送された連ドラ初主演作『スカム』(2019)では、高齢者相手にオレオレ詐欺を行う闇の営業マンを演じ、爽やかな役柄から一気にイメチェンしながら、共演俳優の演技に対して相手の「鏡」になるような役割を演じた。  例えば、リーマンショックの流れを受けて就職先を半年で退職し、職探しと父親の入院で悩んでいた主人公・草野誠実に高収入アルバイトを紹介する親友の田中祥太郎(戸塚純貴)との何気ない会話場面。
次のページ 
親近感が湧く演技の秘密
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ