Lifestyle

トイレに流せる!“第3の生理用品”が人気。発売13年でやっと注目のワケ

「この商品を知らなかった頃には戻れない」。使用者にここまで言わしめる生理用品があることをご存知でしょうか。この熱烈な口コミを生んでいるのが「シンクロフィット」(ユニ・チャーム)という生理用品。「これなしじゃ生理を乗り越えられない」「全ての女性に存在を知ってほしい」など、SNSでも高評価の口コミが多数投稿されています。タレントの指原莉乃さん(28)も愛用者の一人で、その素晴らしさをテレビ番組や自身のYouTubeで紹介。「(生理で)困った人がいたらぜひ使って欲しい」と激推ししています。  今でこそ話題のシンクロフィットですが、発売されてから約13年もの間、認知度がほぼない日陰の存在だったといいます。13年の間にシンクロフィットに一体何があったのか、ユニ・チャーム株式会社・広報室の藤巻尚子さんにお話を聞いてきました。

生理中に立ち上がった時の「ヒヤッ」を防いでくれる

――最近、使用者を中心にSNSやメディアで話題になっているシンクロフィットですが、どういう商品なのか改めて教えてください。 藤巻さん(以下、藤巻)「シンクロフィットはナプキンでもタンポンでもない、体とナプキンのスキマに入れる、新しいカテゴリーの生理用品として今から16年前の2005年に開発されたものです」 ――たしかに、使い方といい形状といい、今まで見たことのない生理用品です。 藤巻「生理用品の商品企画をする上で、女性の声を聞いていったところ『ナプキンだと漏れが不安、かといってタンポンを膣内に入れるのは怖い』という声が多くありました。そこから、ナプキンよりも安心感があってタンポンよりもお手軽感がある第3のナプキンを作ろうという話になり、シンクロフィットが生まれました」
ソフィ シンクロフィット

ソフィ シンクロフィット(画像:Amazonより)

――たしかに第3のナプキンという表現がぴったりです。シンクロフィットはどのように使うのものなのでしょうか。 藤巻「シンクロフィットはいつものナプキンと併用して使います。タンポンのように膣内に入れるのではなく、膣口に当てて使用するのですが、シンクロフィットを使用することで約2時間分の吸収力がプラスされます。また、立ち上がった時の経血の流れる感覚や横漏れを防いでくれます。ナプキンを取りかえるタイミングがあまりない忙しい日や経血量が多い日でも、より快適に日中を過ごしていただけます」

体内に入れることなく、ぴったりフィット

――サイズや形もこれまでの生理用品と全く違うのですが、装着の仕方を教えてください。 藤巻「まずシンクロフィットを包み紙から取り出し、中指をシンクロフィットのポケットの中に入れます。デリケートゾーンをしっかり開いて、そのまま中指の腹でシンクロフィットを膣口に押し当てます。膣内に入れないであくまで膣口に置いてください。前後逆になるとフィット感がなくなるので気をつけてください。また、一度外したものは繰り返し使わないで、トイレに行くたびに交換してください。そうすることで、体の形状にぴったりフィットして経血を吸収してくれます。装着に慣れるまで2、3回試していただければ、自分にフィットする場所が見つかって、ずれにくくなると思います」 ――体内に入れることなく、誰にでもぴったりフィットするのがすごいです。 藤巻「商品を開発する時は1ミリの違いまでこだわりました。サイズや厚みが1ミリでも変わることでフィット感も違ってくるため、細部の厚みにこだわって『体にとことんフィットする商品』にしています。何度もユーザーテストをおこない商品化しています」 ――すごい熱意ですね!
次のページ 
発売から15年近く、まったく日陰の存在だった
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ