Love

新郎は5股男!結婚式で元カノ4人が復讐を…地獄のエピソード

NG客リストで怒れる4人の女性を止められるか?

 結婚式当日。筆者は知らなかったのですが、いろいろな事情がある方が無事に結婚式を挙げられるよう、NG客リスト、なるものがあるそうです。NG客リスト入りしたゲストが現れた場合、式場側がどうにかこうにか止めるというサービスです。  新郎さんは今回、花嫁さん以外の4人の女性をNGリストに入れていました。これで一安心。何も滞りなく結婚式が終わり、幸せな結婚生活が始まる…はずでした。  地獄はここから始まります。結託した4人の女性は他の結婚式のゲストに扮して式場に潜入。その新郎の結婚式の開始時時間より遅く時間差で式場に来たため、彼女たちに気づいたスタッフはアルバイトの女性ただ一人でした。もちろんそのアルバイトの女性は披露宴会場に入れるわけにはいかないと止めにかかります。  が、幸か不幸かこのアルバイトの女性、とても優しい子だったのでしょう。彼女たちの訴えにすっかり同情してしまい、道を通してしまいました。

地獄の結婚披露宴

 無事に披露宴会場に侵入した彼女たちは、会場内を走り回りながらあるビラをばらまき始めました。そこに印刷されていたのは新郎と女性たちがベッドで撮った写真。 「この男は5股をかけていたんだぞー!!」と叫びながら走る女性、ひらひら舞う紙切れ。  あまりに一瞬な出来事に対応しきれなかった会場スタッフは彼女たち4人を取り逃がし、残ったのはビラだけ。 復讐2 泣きながら会場を走り去る花嫁。ビラを読んだ花嫁側の親族や友人も次々に退席して行く中、高砂席で一人ブルブル震える新郎。その後の時間は残った人誰ひとり口を開かず、ただただ残りの料理を消化していくだけの非常に居心地の悪い空間だったそうです。  この新郎新婦が式までに籍を入れていたかどうかは不明ですが、まずお別れということで間違いないでしょう。5股をかけていたのも、そんな写真を撮っていたのも、バカだなぁと呆れるしかありません。復讐を遂げた4人の女性はスッキリしたことでしょうね。  一番かわいそうなのは何も知らずに人生最大の赤っ恥をかかされ幸せの絶頂から突き落とされた花嫁さんです。新郎がもし、この発案をした女性と結婚していたらこんなことにはならなかったかもしれません。発案者の女性にはその根性と才能を活かして探偵にでもなっていただきたいと思う筆者でありました。 ー女の人生、悲喜こもごもー 【他のエピソードを読む】⇒「実録!私の人生、泣き笑い」の一覧へ <TEXT/庄司ライカ>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ