Beauty

アラフォー女性の加齢臭をかくす裏ワザ。香水はおすすめしない

 時短美容家の並木まきです。アラフォーと呼ばれる世代を超えると、見て見ぬふりにも限界が出てくるのが加齢…。この連載では、メイクやスキンケアなどの美容で、悩みやコンプレックスを解消するお手伝いができればと思っています。テーマはまさに“華麗に加齢”! ほんのり加齢臭が気になったら?アノ香りを生活に溶け込ませて 今回は、ほんのりとした加齢臭が気になったときに、アラフォーを華麗にフォローする、“香水”に頼らないテクニックをお話します。

「加齢臭に香水」は、シチュエーション次第では悪臭になることも…!?

 年齢を重ねると、気候や体調によって「におい」が気になるのは、決して珍しい話ではありません。「ああ、いよいよ自分にも加齢臭が……」と、人知れずため息をついているアラフォー世代も少なくないですよね。 「加齢臭に香水」は、シチュエーション次第では悪臭になることも…!? そうなると「香水でごまかしてしまおう」と考えがちですが、これだとシチュエーションによっては、香りが強すぎてヒンシュクを買ってしまったり、香水特有のねっとりとした香りが「おばさんっぽさ」をイメージさせてしまったり…。  “いい香り”のはずが、周囲からは“悪臭”だと思われてしまうリスクが、ゼロではない、いやそれどころか結構な高確率なのが現実。なので、“におい対策”は、加減が難しいという話もよく耳にします。  というわけで、アラフォー世代は、好感度の高い香り活用術で、華麗に加齢を乗り切って参りましょう。生活に溶け込むように香りを活用できると自然ですよ。さっそく、時短で楽しめる“ライトな香り術”をお話していきます。

職場など外出先での対策なら「ファブリックミスト」

職場など外出先での対策なら「ファブリックミスト」

サボンのファブリックミスト

 職場や外出先など、いわゆる出先で加齢臭をさりげなくカバーするなら、ファブリックミストを使うと「ちょうどいい具合」に香らせやすく、便利です。香水ほど香りが強くなく、かといってシャンプーやボディークリームなどのコスメ系ほど弱くない、という絶妙な塩梅での「香り」を演出しやすく、コストパフォーマンス面でも、香水よりも安価なものが多いのも魅力。  最近のファブリックミストは、いかにも「生活用品」といった香りではなく、ふんわりと香る上質な香りを特長としている製品も多いので、お気に入りのブランドで選ぶ楽しさもあります。  筆者はいくつかのファブリックミストを常備していて、写真はコレクションのひとつである「サボン」のもの。身の回りの布製品や着ていく服にシュッとしておくだけで上質な香りが楽しめるとあって、使い方も手軽で時短です。
次のページ 
加湿器用のフレグランスウォーターもおすすめ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ