Entertainment
News

41歳天才デザイナーが死去、悲しみ広がる。人気モデルはドレス写真で追悼

 ルイ・ヴィトンの人気デザイナー、ヴァージル・アブロー氏が死去した。享年41。2019年にがんと診断され、ひそかに闘病を続けながら仕事を続けてきたが、現地時間の11月28日に帰らぬ人となった。

アフリカ系アメリカ人として初めてヴィトンのデザイナーに

 ルイ・ヴィトンを持つルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー(LVMH)グループは、11月28日、闘病中だったアブロー氏が亡くなったことを発表。LVMHグループのベルナール・アルノー最高経営責任者(CEO)は、「ヴァージルは天才的なデザイナーというだけでなく、先見の明のある人物だった。美しい魂とすばらしい英知の持ち主だった」と亡きデザイナーを偲んだ。  アブロー氏は、米イリノイ州出身。ガーナからの移民家庭に生まれ、大学で建築や土木工学を学んだ。そのかたわら、ファッションにも興味を持つようになり、学生時代にTシャツをデザインするようになったという。  卒業後は建築の道を歩んでいたが、伊ファッションブランド「フェンディ」で働く機会を得たことがきっかけで、ファッションの道へ。フェンディで一緒にインターンをしていた米ラッパー、カニエ・ウェストのクリエイティブ・ディレクターなどを務めたのち、ミラノ発のファッションブランド「オフ・ホワイト」を創業。一躍ストリートファッションのパイオニアに躍り出た。  2018年には、アフリカ系アメリカ人として初めてルイ・ヴィトンのデザイナーに就任した。  その類まれな才能はファッションだけでなく、他の分野でも発揮された。ナイキと共同でスポーツシューズのデザインを手がけたほか、イケアと提携して家具を設計。さらにメルセデス・ベンツとともに自動車もデザインした。

「唯一無二の創造者」各界の著名人から追悼コメント続々

 今回の訃報を受け、各界の著名人が続々と追悼の言葉を寄せている。  人気モデルのヘイリー・ビーバーは、アブロー氏とのツーショット写真数枚をインスタに投稿。1枚目には、2018年にジャスティン・ビーバーと結婚した際、ウェディングドレスを着て、同氏と腕を組んでいる写真をアップしている。このドレスは、披露宴で着るために、同氏に特注でデザインしてもらったものだという。
 ヘイリーは、公私ともに親しくしていた同氏の訃報に接し、沈痛な心境を綴っている。 「彼と知り合えたこと、一緒に働いたこと、彼のショーでランウェイを歩いたこと。私のウェディングドレスをデザインしてもらい、たくさんの素晴らしい瞬間を共有し、いつも私を応援してくれた。彼には感謝してもしきれない。彼は、生命、カリスマ、愛、喜びを、あらゆる状況に、そして彼が立ち入ったすべての場所にもたらした。唯一無二の創造者。彼がもたらしたインパクトを決して忘れることはない。私たちはあなたを愛している、ヴァージル」  トップモデルのジジ・ハディッドも、同氏との数々のツーショットと共に、感謝と悲しみの言葉をインスタに投稿した。 「彼の優しさ、エネルギー溢れる寛大さは、それに触れた全ての人々の中で残り続ける。彼といると、自分は認められ、特別な存在なんだと誰もが感じられる。そんな人だった。彼は、その不在を深く悔やまれながらも、愛され続けるでしょう」  その他、デビッド・べッカムと妻のヴィクトリアBTSブルーノ・マーズファレル・ウィリアムス、リズ・アーメッドなど各界のセレブが追悼コメントを発表。ローラや大坂なおみ、ヒカキン、NIGOといった日本の著名人も、天才デザイナーの早すぎる死を悼んでいる。  ファンション業界からも、哀悼の意が寄せられている。マーク・ジェイコブスやジョルジオ・アルマーニ、伊ブランド「グッチ」は、同氏を追悼するとともに、生前の功績を称える声明を発表した。
次のページ 
2年以上に渡り、がんと闘いながら仕事を続けた
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ