Beauty

地雷メイクがやめられないアラサー女性「最高に盛れるけど、恥ずかしい…」

 若かりし頃を振り返ると「なんで、あんなファッションやメイクをしていたんだろう……」と思うことってありませんか? 人には言えないメイクやファッションの黒歴史を持っているという女性は案外、多いといいます。
メイク

※イメージです(以下、同じ)

 アラサーに入る頃には自然とメイクやファッションも落ち着いてくる人も多いですが、「今、まさに黒歴史真っ只中なんです……」と語るのは都内在住の荒木莉乃さん(仮名・31歳)。

パンダのような“囲み目”…白ギャルメイク大流行

 服装は白シャツにデニムにシンプルで大人っぽく見えますが「服装でごまかされているだけなんです……」とぼやきます。 「実は、30歳過ぎた今でもタレ目メイクがやめられないんです……。昔からタレ目に憧れていて、学生の頃はコンプレックスのツリ目を隠すようにギャルメイクをしていました。当時のメイクは、下まぶたの目尻にしっかりとアイライナーを塗ってさらに下まぶたの目尻にもマスカラをしっかり塗るというもの。下まぶたの目尻だけに、つけまつげやマツエクをつけたりもしていましたね」  2000年代初期~中期といえば、歌手の浜崎あゆみさんや雑誌『小悪魔ageha』のモデルのような白ギャルメイクが大流行しました。皆、細めの眉毛にパッチリ平行二重まぶた、さらにパンダのようながっつり囲みアイメイクの若い女の子が新宿や渋谷に溢れていました。

社会人になってからは涙袋メイクへ

涙袋「でも、さすがに社会人になるとそこまで濃いメイクもしづらいじゃないですか。それで、次に試したのは当時、流行り始めた涙袋メイクです。涙袋を強調することでタレ目に見えるかなと思ったのですが、メイクグッズもそこまでなかったんですよね。  ブラウンのアイシャドウやアイブローペンシルで目尻に涙袋の線を書いていたのですが午後には落ちてきてしまって、会社で『クマ、できてるよ』『寝不足?』とよく心配されましたね……」  そんな、試行錯誤を繰り返しながらもタレ目メイクをやめられなかったという荒木さん。そして25歳の頃、ついに運命を変えるメイクに出会ってしまうのです。
次のページ 
荒木さんの運命を変えたメイクとは?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ