Love

「結局はユニクロ綿ショーツ」年下彼氏に浮かれて、セクシー下着を買いあさった結果

 好きな人ができたことで、それまで身なりを構っていなかった女性が、突然別人のように変わることがあります。今回は、そんな女性のエピソードを紹介します。

マッチングアプリで撃沈。そんな時にネットで出会った彼

スマホ

※イメージです(以下、同じ)

 香澄さん(39歳・仮名)は、専門学校の事務として働いています。9年前に転職して以来、ほぼ職場での出会いがないまま、気づけばアラフォーになっていました。 「20代はIT系の企業で、ウェブディレクターをしていました。サイトは毎日更新で、掲載する記事の内容から取材のアポイントまでほぼすべてを担当していたので、23時過ぎに帰宅することがほとんどでした。結局、身体を壊しそうになって30歳頃に、異業種でしたが専門学校の職員に転職しました」  30代の間に短期間だけ付き合った男性はいたそうですが、最近、久しぶりに胸がときめく男性との出会いがあったそうです。 「私はあるバンドのファンで、よくライブを観に行っていました。お気に入りだったバンドのライブのセットリストや、若手ミュージシャンのおすすめ曲などをブログで書いていたのがM君だったんです。初めは読んだ感想などをコメントに書いていたのですが、しだいにM君に個人にメッセを送るようになりました」

同じバンドが好きな彼は、5歳も年下だった

食事デート 香澄さんは、これまでマッチングアプリや、声だけでトークができるアプリなども試してみたそうですが、うまくはいかなかったそうです。 「私の年齢がネックなのか、男性の方からいいね! が付くのは40代の年上ばかりでした。メッセをやり取りしてみても、すぐに家を聞いて来たり、最初から『既婚者だけどいい?』と聞いてきたり。そんなことばかりで男性不信になりかけていたとき、M君と同じライブを観に行くことがわかり、実際に会いました」  ライブを一緒に観たため、気分も高揚したと言います。 「話してみると、M君は5歳年下でした。でも彼は『同じ歳だと思った』って言ってくれたり、優しかったんです。話していくうちに、共通の知人がいることや、近所に住んでいることが判明して、すぐにまた会う約束をしました」  香澄さんとMさんは、お互い「つきあう」という確認はしませんでしたが、月に2~3回ほどデートするようになります。 「自分としては久しぶりの恋愛だったし、5歳年下の彼ができて嬉しかったんです。アラフォーになると、服装よりも体型のほうが気になってしまい、下着を新調しました。それまではユニクロのブラトップをしていましたが、胸が大きくみえる豊乳ブラジャーも揃えましたね。ブラデリスというメーカーのブラジャーは、その人の胸に合わせてパッドを縫い付けてくれるので、いくつも買いそろえました」
次のページ 
アラフォーは服よりも下着。高級ランジェリーにハマる
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ