Gourmet

これぞ最強の「おうち唐揚げレシピ」。10年追求してたどり着いた至極の味

 今年らしい「最強の唐揚げレシピ」。
空前のブームが続く唐揚げ。でもお家唐揚げってやっぱり最高です

空前のブームが続く唐揚げ。でもお家唐揚げってやっぱり最高です

 2021年に“ブーム”と呼ばれた食べ物はたくさんありますが、なかでも熱かったのが、2019年ごろから続いている「唐揚げ」ブーム。2021年は専門店だけでなく、スーパーも競ってこだわり唐揚げを発売していました。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます  名店唐揚げをテイクアウトして味わうのも良いですが、やっぱり自宅で作る揚げたて唐揚げは格別ではないでしょうか。実は私、唐揚げ好きが高じて10年以上「最強のおうち唐揚げ」を追求しています。日々練習していく中でレシピが洗練され、その時代のトレンドを取り入れることも。 【過去記事】⇒「唐揚げ」の一生使える絶品レシピ。買うのとは別次元のおいしさです!  そこで今回は最新の「最強のおうち唐揚げレシピ」をご紹介。台湾屋台メニューとして人気になった“あのメニュー”をヒントに、芳醇でスパイシーな唐揚げを考案しました。

台湾屋台の人気メニュー「ジーパイ」をアレンジ

 唐揚げレシピを考えるにあたり、大きな影響を受けたのが、2020年あたりからジワジワ人気を博している「鶏排(ジーパイ)」。  これは台湾屋台でおなじみのメニューで、とにかくビッグサイズなのが特徴。独特のスパイス感が病みつきになることで話題になっています。  このジーパイは鶏むね肉が使われていますが、自宅での特別感(食べごたえのあるジューシーな味わいを大切に)を味わうために、今回は「もも肉」で作ることにしました(もちろんむね肉でもOKです!)。  また、調味料はできる限りミニマムにまとめ、飽きずにリピートできるよう和風感も残しつつ、手軽にフライパンで揚げるレシピにまとめました。

「台湾風ビッグ唐揚げ」の作り方

下味に使うのは4つ。ウスターソース、塩麹、五香粉、白コショウ

下味に使うのは4つ。ウスターソース、塩麹、五香粉、白コショウ

 まずはじめにやるべきことは、鶏肉をビッグサイズに平たく伸ばすこと。フォークを使って肉に穴を刺していくことで下味が染み込みやすいようにします。
フォークで刺すことで味が染み込むような穴をあけていく

フォークで刺すことで味が染み込むような穴をあけていく

 そして“肉たたき”を使って肉質をほぐしていくような感じで平らに叩いていきましょう。肉たたきがない場合はめん棒を使って伸ばしていくスタイルでも構いません。
肉たたきで鶏肉を叩いて薄く平らに伸ばしていこう

肉たたきで鶏肉を叩いて薄く平らに伸ばしていこう

次のページ 
下味に使うのは4つだけ!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ