Lifestyle

なぜ?なごやかなZoom飲みで「友達を失った」女性。ビデオ会議の怖い“落とし穴”

 コロナ下で一時注目されたのが、オンライン会議システムを使った“Zoom飲み”。Zoomに限りませんが、パソコンやスマートフォンでビデオ通話ができるサービスを使って、友人や知人とお酒を楽しむというもの。家にいながら居酒屋にいるような気分になれると、一気に浸透しました。
オンライン会議 オンラインミーティング

写真はイメージです(以下同じ)

 外出しないから感染のリスクも少なく、気軽に家で楽しめるところがいいところ。……しかし、「Zoom飲みが原因で、友人を失った」と嘆く女性もいます。その理由を本人に聞いてみたところ、意外なZoomの落とし穴があったのです。

カップル相手に地獄の時間「20分が限界でした。でも……」

 お話を聞いたのは、都内の金融会社に務める吉木美憂さん(31歳・仮名)。なんでも、友人カップルとZoom飲みをしたのが地獄の始まりだったとか……。 「初めて誘われて『話題になってるし、ちょっと体験してみよう』くらいの軽い気持ちでやってみたんですよ。リモートワークが続いて人恋しくなっていましたし。友だちカップルは同棲しているので2人そろって一緒に参加することになって。各自好きなおつまみやフルーツを準備して、ワクワクしてさあスタート! 画面に友人カップルが映し出されて、久しぶりの楽しい時間を過ごすつもりだったんですが……  20分。20分が限界でした、まじで」  楽しみにしていたのに、さすがにそれは短すぎでは? ぐったりとした表情で「20分」を連呼する吉木さん。恐る恐るその理由を聞いてみました。

オンライン飲みは、とにかく逃げ場がないのがしんどい!

「Zoom飲み会も4人とか5人とか何人かメンバーがいるならいいんですよ。でも、相手と自分の2画面しかないと、なんというか逃げ場がないんですよね。真正面からドーン! と映し出されて、常に真正面で向き合っている感じです。 Zoom 居酒屋とか実際に会っているときなら気にならなかったんですが、お店のガヤガヤした声も店員さんの声も聞こえない、BGMもない。もちろんスマホをチラ見してテーブルの下でいじれないし、話をやんわり聞き流しながらメニューを流し見することもできないって、本当に辛い! おしぼりでアヒルも作れないし、ストローの紙袋も縮めて水を垂らして『びよびよ~ん』って動かして遊ぶこともできないんです。ただ、ひたすら息が詰まる空間でした」  最後のストローのくだりはちょっとお行儀が悪いかもしれませんですが、その気持ちなんだか分かる気がします。ちゃんと話はしているし、聞いているけれど、ちょっとした間やいろんな要素が入ることで、絶妙に息抜きやリラックスができることもあるんですよね。
次のページ 
勝手に自分たちの世界に入らないで!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ