Lifestyle

小1息子がファミレスで叫んだ言葉に絶句。どこでそんな言葉を…

 子どもというものは時として思いもよらなかった言葉を覚えてきてしまうことがあります。とくに男の子の場合、どうやって注意したらいいか悩んでいる人も多いと聞きます。今回は、小学生の息子がとんでもない言葉を覚えてきてしまったために起きた赤っ恥エピソードをご紹介します。

週末は息子をサッカー教室へ送り迎え

 今回お話を伺ったのは久美子さん(32歳・仮名)。都内に在住で1児の母です。
息子の専属の運転手のごとく送り迎えの日々

写真はイメージです。

 久美子さんは、愛息子の蓮くん(仮名・6歳)が小学校に上がるときに、私設のサッカークラブに通わせることにしました。毎週末は息子の専属の運転手のようになって、遠くの練習場まで通う日々が始まります。 「蓮は昔から外遊びが好きな活発な子だったので、サッカーも熱心に取り組んでくれていました。それは嬉しいんですけど、毎週末運転して遠くの練習場まで連れて行くのは体力的にも辛かったです」

意識高い系ママ友会にイヤイヤ出席

息子の送り迎えも大仕事ではありますが、それ以上に面倒になってくるのが、息子たちの練習を見届けるほかのママさんたちとの人間関係です。 「ああいうの、意識高い系っていうんですか? そういう人たちがたくさんいたんです。それで、夫が○○に勤めてるんだけど~とか、どこそこの高級ホテルのランチに行ったとか、自慢合戦が本当にめんどくさいんですよ。女子大生じゃないんだから……って思うんですけど。成長しない人っていつまで経っても成長しないですよね。それに、そういう人たちにかぎって物事をややこしくしたりするんですよ」
意識高い系ママ達とのファミレス会にいやいや出席

ママ友会へのお誘いLINE(久美子さん提供)

 そう語る久美子さんは、いろんな理由を口実に練習終わりのミーティングと称したおしゃべり会を断り続けていたそうです。ところが、ある日ボスママからお誘いのLINEが入り、いつものように軽く断ったのですが、文面にも威圧感が感じられて出席することに。
次のページ 
息子がファミレスで叫んだ言葉に冷や汗
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ