Love

父親の自覚なく飲み歩く夫を変えた、妻の意外な一言とは?

 経験した者にしか理解できないとも言われる出産の痛みや苦しみ。それだけに妊娠中やお産の際に何もしないパートナーに怒りを覚える女性も多く、時には離婚の決め手となるケースもあるようです。  6歳と3歳の2人の男の子を持つ石井舞香さん(仮名・37歳)の夫も、長男妊娠中は仕事が終わっても週の半分は同僚と飲み歩き、へべれけになって深夜帰宅するのがお約束だったといいます…。
妊婦 妊娠中

写真はイメージです(以下同じ)

妊娠中も同僚としょっちゅう飲み歩いていた夫

「妊娠中、土日は買い物や家事などを代わりにやってくれましたが、平日は協力的には、ほど遠かったです。正直、離婚届を叩きつてやろうと思ったことも何度もありました(苦笑)」  それでも夫は出産時はずっと側にいて、生まれたばかりの子供を前に号泣。その様子を見て許してしまいましたが、しばらく経つとまた飲み歩くようになり、帰宅は午前様に。再び彼女の怒りがふつふつと湧いてきたのは言うまでもありません。 「惚(ほ)れた弱味かもしれませんが、私が甘やかしていたからつけ上がったのかも。家にいる時は子供の面倒もちゃんとしてくれますが、そもそも、ふだんあまりいないですからね。父親としての自覚があるのか疑問でしたし、本当に学習能力がないなとあきれました」

夫が突然の激痛に襲われた

 ところが、そんな妻子をないがしろにする態度に罰が当たったのか長男誕生からおよそ1年後のある日、夫は朝から強烈な腹痛に襲われます。 「明け方から具合悪そうにしていましたが、そのときは『しばらく休んでいれば大丈夫だから』って。けど、朝食の支度ができて起こしに行くと明らかにさっきより体調が悪化していて、パジャマも湿るくらいに脂汗をかいていました。  それで私も焦っちゃって近所に住む仲良しのママ友に子供を預かってもらい、市内の大きな病院に連れて行ったんです」 病院
次のページ 
出産の痛みは、尿路結石よりも上?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ