Entertainment
Love

純愛なのに“超ホラー”!マンガ『青野くんに触りたいから死にたい』が新感覚すぎて混乱

 SNSを中心に「恋愛ものなのに怖すぎ」「狂気なのに純粋」など話題騒然となった、戦慄のホラーラブストーリー『青野くんに触りたいから死にたい』(椎名うみ/講談社刊)を知っていますか? 『青野くんに触りたいから死にたい』「月刊アフタヌーン」(講談社)にて連載中の漫画で、第1話の試し読み(現在も公開中)が公式サイトに公開されるやいなやSNSで話題となり、あっという間に30万PVを突破した作品。3月18日からはWOWOWで佐藤勝利主演で実写ドラマがスタートすることも発表されており、今後ますます注目が集まりそうです。  ドラマの主演はSexy Zoneの佐藤勝利、ヒロイン・優里役は気鋭の若手女優・髙橋ひかる。決して触れ合えない人間と幽霊の高校生カップルを、ふたりがどう演じるのか。今回は、漫画もドラマも見逃せない『青野くんに触りたいから死にたい』の見どころをたっぷりお伝えします!

一途な恋を描いた純愛漫画×ド級のホラー漫画

 憧れの同級生・青野くん(佐藤勝利)と付き合えることになり、浮かれっぱなしの女子高生・刈谷優里(髙橋ひかる)。しかし、その2週間後に青野くんは交通事故で亡くなってしまいます。青野くんに会うために後追い自殺をしようとしたその時、幽霊になった青野くんが助けに現れます。  人間と幽霊の切ないラブストーリーかと思いきや、物語は意外な方向へと展開し、読者に容赦ない恐怖と狂気を突き付けてきます。実はこの作品、一途な恋を描いた純愛漫画でもあり、ド級のホラー漫画でもあるのです。  まず注目していただきたいポイントは、“黒青野くん”です。  幽霊となって現れた青野くん。キスしてくれたり歌の練習に付き合ってくれたり、亡くなる前と同じように優しい彼氏ですが、ときおりガラリと人格が変わり、黒青野くんに豹変します。優里に憑依しようとする時の言動が、なんともいえない怖さと薄気味悪さ。佐藤勝利が青野くんと黒青野くんをどう演じ分けるのかも、ドラマを楽しむポイントになるでしょう。
『青野くんに触りたいから死にたい』

『青野くんに触りたいから死にたい』椎名うみ(講談社刊)より

【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

「青野くんのそばにさえいられれば」ピュアすぎて危ういヒロイン

 そして、ヒロイン・優里のピュアすぎる恋心も、この物語の見どころ。初めて男の子と話したというだけで同級生の青野くんに恋をして、付き合って2週間で亡くなった彼を後追い自殺しようとするなど、一途で危うい女の子です。 「青野くんのそばにさえいられれば他には何もいらない」と言い切り、突き進んでいく姿は、笑ってしまうくらい健気で一途。ドラマでは、青野くんを守るために前向きで芯の強い女性へと成長していく優里を、20歳の髙橋ひかるが熱演します。「青野くんが乗りうつっている優里」という難しい役どころをどう表現するのか、注目です。
『青野くんに触りたいから死にたい』

『青野くんに触りたいから死にたい』椎名うみ(講談社刊)より

次のページ 
官能的な憑依シーン、切ないキスシーンも見どころ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ