Entertainment

仏売れっ子俳優、37歳で急死。スキー場の衝突事故で帰らぬ人に

 フランス映画界を代表する実力派俳優ギャスパー・ウリエルが18日(火)、スキー事故で死亡した。家族とともに訪れていた仏南東部のスキーリゾート地で事故に遭い、37歳の若さで帰らぬ人となった。ギャスパーは、3月に配信開始予定の新ドラマ『ムーンナイト』にも出演、数日前に本作の予告編が公開されたばかりだった。

別のスキーヤーと衝突して転倒し、意識不明に

Bangshowbiz20220121

スキー事故で死亡したギャスパー・ウリエル

 地元の捜査当局によると、現地時間の今月18日午後、仏南東部のスキーリゾート「ラ・ロジエール」でスキーをしていたギャスパーが、別のスキーヤーと衝突。頭部を損傷し、意識不明の状態となった。現場に救急隊が到着したときには、すでに体は動かなくなっていたという。  その後、近くの病院に搬送されたが、翌19日に死亡した。  別のスキーヤーは、近くを滑っていた友人に合流しようと左折した際に、ギャスパーと衝突。両者とも転倒したが、このスキーヤーにケガなどはなかったという。

仏アルプスのスキーリゾートで事故が多発している

 現在、事故に関し調査が行われているが、現地の警察によると、雪が固くなっているためここ数週間は一日5,6回ほど救助隊が出動している状態だという。  また、一部報道では、仏アルプスのスキーリゾート地で近年、事故が多発しているとも伝えられている。先週には、ゲレンデでスキー教室に参加していた5歳の女の子が、猛スピードで滑走していた男性と衝突し、死亡する事故も発生した。  2013年には、F1の元世界王者ミハエル・シューマッハが、今回の現場からほど近いスキーリゾート「メリベル」で事故に遭った。スキーの経験が豊富だったというシューマッハだが、滑走中に転倒して岩に頭を打ち付け、頭部を損傷。事故から8年以上経った今でも、リハビリ生活を続けているといわれている。  事故が頻発している仏アルプスのスキー場だが、ヘルメットの着用義務はなく、ギャスパーも事故当時、ヘルメットをかぶっていなかったと報じられている。けれども、仏当局は、全てのスキーヤーにヘルメット着用を義務付けるべきかどうか、現在検討していると話している。
次のページ 
3月に配信されるマーベル新作にも出演
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ