Entertainment

恋多き54歳の米女優、6度目の破局。コロナ禍で“略奪婚”した夫だったのに

 米成人向け雑誌『プレイボーイ』のモデルや女優として知られるパメラ・アンダーソン(54)が、5人目の夫と破局したと報じられている。1995年に米人気ミュージシャンと結婚し、2人の息子をもうけたものの離婚し、その後も離婚と再婚を繰り返してきたパメラ。2020年のクリスマス・イヴには、ボディーガードだったダン・ヘイハーストさんと結婚したが、約1年で6度目の結婚生活を終えることになったようだ。

コロナ禍で結ばれた2人。“略奪婚疑惑”も浮上

Bangshowbiz20220124

パメラ・アンダーソン

 コロナ禍で一緒に多くの時間を過ごし、愛を育んだパメラとダンさん。約1年の交際を経て、2020年のクリスマス・イヴに、パメラの母国カナダのバンクーバー島にある自宅で挙式した。  結婚後には、ダンさんの元パートナーが「彼は3人の子供を置いて出ていった」と暴露したことで、“略奪婚”とも騒がれた。そうしたなかでも、パメラは、「電球をかえてくれるような普通の男性と、一緒にいられるってステキなこと」などとノロケて、結婚生活がうまくいっている様子を見せていた。  しかし、それから約1年で破局を迎えることになった2人。夫婦で暮らしていたカナダで、離婚を申請する予定だという。

“電球をかえること”以外の欲求を満たせなかった

 最初に離婚を報じた米ローリング・ストーン誌は、関係筋の話として、「パメラは嘘偽りのない人生を生きていて、それは恋愛でも同じこと」としたうえで、コロナ禍で起こった「目まぐるしい恋愛が消滅した」と伝えている。  また別の関係者も、「パメラは、彼と長い時間を一緒に過ごすうちに、自分にとってふさわしい男性ではなかったと気が付いたようだ。彼が不親切かつ非協力的で、煙たい存在と感じるようになった」と証言。さらに次のように明かした。 「2人の結婚生活は全く円満ではなかった。2人に共通点もなく、パメラは自分が求めているような扱いを、夫から受けていないと不満だった。彼は結婚生活を続けようとしていたようだが、ケンカばかりしていた」 「結局、彼は電球をかえる以外に、パメラの欲求を満たすことはできなかった」
次のページ 
波乱万丈すぎる! 5人の男性との結婚&離婚劇
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ