Love

合コンで男が2軒目に誘いたくなるユルふわ行動集

特に美人でもおシャレでもないのに、男ウケのいい女性が周りにいないだろうか。何となくユルそうでふわっとした、脇の甘い女性は、男性からすると「誘いやすい」。はっきり言うと、落ちやすく見えるらしい。失礼な!と怒るか、ユルさを演出して男心をくすぐるかは、あなた次第――。

合コン 飲み会・合コンは女性も「武装」しているけれど、男性側は細かな所作でユルさを察知して「このあと2人でどう?」と誘うのだという。「お持ち帰り」常習犯の男性にそのチェックポイントを聞いた。

 まずは、女性が注文する料理。シェアしやすそうな大皿サラダを頼んだり、自分は好きじゃないのに男性に気を使って揚げ物を頼んだりする女性は「周囲に合わせすぎる=断りベタ」(30歳・自営)の法則に当てはまるらしい。

 届いた料理を率先して取り分ける女性も「とりあえず取り分けて印象をアップさせなきゃ!と一昔前のモテテクニックを妄信している=彼氏を欲しがっている証拠」(32歳・IT)なのだとか。単に気が利く女性からしたら、とんだ誤解である。

 さらに取り皿でも、ユルさがにじみ出るとか。

「料理が替わっても汚れたままの取り皿を使うのは受け身体質」(27歳・医療)との見方もあれば、「新しい皿を頼むのも億劫な面倒くさがり屋な、だらしないコ」(38歳・広告)との意見もあった。

 そして合コンも時間がたてば、漠然とカップルっぽい組み合わせができるもの。そこでも女性グループにハズレ男を押し付けられているタイプは、「性格的に優しく、押しが弱い」(37歳・飲食)ので「じゃあ俺が誘ってみよう」となるらしい。

 また最後のお会計時に、当然ワリカンだと思っている女性は、「奢られ慣れておらず、実は男性に優しくされていない証拠」(40歳・映画)。「『奢るから飲み直さない?』の優しさを見せれば、意外に即サシ飲みOK」(自営・35歳)なので声をかけやすいそうだ。

 なかでも、男性が声をかけやすい属性は、バツイチ女性なのだとか。特に「離婚して1~2年目の女性は、寂しい半面、結婚生活から解放されて遊びたい盛り。性欲がダダ漏れている」(37歳・家電)という男の妄想には笑ってしまう。

 まあ女性側からすれば、誤解にもとづくお誘いでも、相手がタイプなら行けばいい、嫌なら断ればいいだけのことですからね。

<男性が2軒目に誘いやすいユルふわ女性の行動>

・シェアできるものを注文する
・ハズレの男を押し付けられている
・サラダを取り分ければモテると思っている
・料理が替わっても皿を替えない
・当然ワリカンだと思っている

<PHOTO/Belahoche>
― 男がつい誘いたくなる「ユルふわ女子」の特徴【6】 ―




あなたにおすすめ