Entertainment
Human

杏、来たる40代の人生設計を語る「今は子どもファーストだけど…」

 人気俳優の杏さん(35歳)が、アニメーション映画『アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』の日本語吹替え版で、一家の母親モーティシア役を続投しました。思春期の娘ウエンズデーと向かいあう役どころです。
杏さん

杏さん

 杏さん自身も3児の母親として仕事と育児を両立中ですが、2021年には芸能活動20周年を迎え、年末にはInstagramとYouTubeを同時に開設するなど、精力的な活動を展開しています。 「今は子どもファースト」という杏さん。映画では親離れ・子離れのテーマも描かれていますが、自身にそのときが来たら……というお話を含め、杏さんの“今”を聞きました。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

子ども向けに見えて、実は大人も楽しめる映画

ティザービジュアル

©2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

――続編の今回は、思春期の子と親のドラマが軸にありましたね。 :前作では父と子の話でしたが、今回は母と子の話でもありました。娘のウエンズデーが思春期を迎え、独り立ちしていく第一歩みたいなことで、アメリカ旅行に家族で行くというお話なのですが、娘の思春期に男親・女親がどう対処していくか、というお話には、世界共通のあるあるが詰まっているなと思いながら観ていました。 ――だからこそ、大人たちに観てほしい作品という印象を受けました。 :子ども向けに見えますが、実は今50代、60代の方でも楽しめる小ネタも多いと思いました。当時の青春のポップスみたいな曲が劇中で流れたり、カバーされていたりするんです。  台本にはギャグの注釈みたいなものも書かれていたりして、そこにはパッと一瞬だけ映る道路標識の地名に、実はアメリカのホラー映画の舞台となった地名がズラッと並んでいると書いてあったり。コアな映画ファンが観れば「おっ!」と思うような小ネタが散りばめられてたりするんです。

今行きたいのは北海道「子どもたちに大自然を…」

――一方で、子どもたちに人気がある理由は何だと思いますか? :子どもには怖いのかなと思うところが前作でもあったのですが、意外と幼稚園児やホラーをまだ観たことない子たちも、ゲラゲラ笑いながら観ているんですよね。知人の子もすごく好んでアダムス・ファミリーを観ていると聞いたので、なんか観たくなっちゃうものがあるのかなと思います。たとえば逆説を行くと言いますか、劇中でキャラクターが「汚いのがいい!」と言い始めちゃうところとか、新鮮で面白いのかなと思います。 ――旅行という意味では、今行ってみたいところはありますか? :行ってみたいのは、最近では北海道です。海もあるし、山もあるし、本州にはなかなかない広大な景色もあるので、冬も夏も行ってみたいです。冬は食事や雪。東京では絶対に観られない量の雪だったり、寒さがありますよね。子どもたちに大自然を見せてあげたい。あこがれます。
次のページ 
エンタメを観る時間がリフレッシュに
1
2
3
Cxense Recommend widget
公開情報
アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!』は2022年1月28日(金)より全国にて公開中。
©2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.

読者プレゼント
杏さんサイン入りチェキを1名様にプレゼント
〆切り:2022年2月14日(月)
①「女子SPA!」ツイッターアカウント(@joshispa)をフォロー
②プレゼント告知の投稿をRT→応募完了


あなたにおすすめ