Entertainment
Love

“隣のおばさん”に体を売った息子に「大人なめんなよ」と母。酒井若菜の壊れっぷりが見事|ドラマ『シジュウカラ』

 山口紗弥加と板垣李光人の“年の差ラブストーリー”『シジュウカラ』(テレビ東京系)が、急展開を迎えています。坂井恵理の原作漫画とともに話題のドラマを、夫婦関係・不倫について著書多数の亀山早苗さんが読み解きます(以下、亀山さんの寄稿)。 【前回記事】⇒「男の浮気と女の浮気は違うんだよ!」と怒鳴ったモラハラ夫の、実は不安な胸中|ドラマ『シジュウカラ』

“やさぐれた母親”酒井若菜の壊れっぷりが見事

 ドラマ『シジュウカラ』は、第5・6話で大きな展開を見せた。「40歳で母で、妻」の忍(山口紗弥加)は、18歳年下の千秋(板垣李光人)に別れを突きつける。  千秋の求めに応じて駆け落ちまがいの一泊旅行をした忍。だがその帰り道、車から降りるところを千秋の母・冬子(酒井若菜)が見ていた。彼女は、自分のかつての不倫相手で、最近、また経営しているスナックにやってくるようになった洋平(宮崎吐夢)の妻が忍だと気づく。そして息子が忍に惹かれていることも……。  この酒井若菜の壊れっぷりがすごい。やさぐれていて自ら世の中からはずれていったような風情で、子育てもまともにしなかった感じなのに、ときどき名言を吐くのだ。息子が体を売っていたことを「あたしは知ってたよー」と告げたあと、「大人をなめんなよ」と息子に軽くすごむシーン。そして、息子が「その金を使っていたじゃないか」と責められると、「だって、あんたが稼いでくれちゃうんだもん」としれっと言う。さらに「でも続かないっしょ、体売るとか媚び売るとか」と正論を吐く。  店にやってきた洋平には、「うちの息子、こんなに大きくなったんだよ」と写真をわざわざ見せる。洋平はそのときまで、妻の漫画のアシスタントにやってきた千秋が、冬子の息子だとは知らなかったのだ。  冬子はどうでもいいような感じで、「変わんないね、あんたもあたしも」と投げ出すように言う。冬子は洋平の「ダメ男っぷり」に昔から気づいていたのかもしれない。見栄っ張りで自分を大きく見せたくて、そのくせ寂しがりやで、だからこそ女を支配したがる、そんなダメっぷりに……。

中学生の息子が、親の不倫に向き合う気持ち

 そんな中で、きらっと光ったのが忍と洋平の息子・悠太(田代輝)だ。父親から母親の不貞を吹き込まれてもむやみに信じない。すり寄ってくる父に「オレを味方につけたと思ってる?」と軽くいなし、謝る母親には「キモいんだけど、親の恋愛とか不倫とか」と面と向かって言い切る。でも悠太がいちばん大事と言った母に、さらに「そういうのやめてほしい。オレはどうすればいいんだよ」と告げる。  自分の行動を決められない大人に、「子どもがいるからという言い訳はやめろ」「子どもに責任をなすりつけるな」という声が聞こえてくるようだ。大人としては、子どもへの責任があるのだから自分の欲求を通すわけにはいかないと思うのが当然だ。だが、それを子どもたちは嫌う。自分がいなければ親は好きな道を選択できたはず、自分がいたから親の人生を邪魔したと思い込んで傷つく子もいる。  大人には大人の、子どもには子どもの言い分があるのだと改めて感じ入った。  悠太は「おかあさんの好きなようにすればいい」と言う。ときとして、子どもは大人より大人なのだ。
次のページ 
「隣のおばさん」に体を売っていた過去
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ