Lifestyle

離婚覚悟で不倫したのに、10年続く仮面夫婦関係「何かを間違えたんだと思う」

離婚を心に決めたこともあった。夫に言い出したこともある。それでもなぜか今も結婚生活が続いている。 「いつ離婚してもいい」と思っていたら、“仮面夫婦状態”が定着してしまったらしい。
仮面夫婦

写真はイメージです(以下同じ)

「10年くらいはただの同居人なんですよ」

「結婚して……11年もたつんですね。今数えてびっくりしました。そのうち10年くらいはただの同居人なんですよ。これでいいのかなといつも思っていました。今もそう思っています」 そう言うのはミオリさん(40歳)だ。24歳のときに小中学生時代の同級生であるタクヤさんと再会、「だらだらと」4年間つきあい、双方の親のプレッシャーもあって29歳のとき、ようやく結婚した。 「彼も私も、別に結婚しなくてもいいよねという感じで、徒歩10分くらいのアパートに住んでいました。婚姻届を出そうと決めたのと、妊娠がわかったのが同じ時期で。ちょうどよかったねという感じで結婚したんです」 愛がなかったわけではない。むしろ一緒にいると気楽すぎて、わざわざ婚姻届を出す必要性を感じなかったのだ。もともと家も近くて親同士も仲がよかったから、再会してつきあいだしたことを親は喜んでいたという。 「タクヤの家は私たちが高校生のときにおとうさんの仕事の都合で越していきました。でもタクヤはそのまま親戚の家から高校に通い、大学は関西のほうに行ったんです。仲がよかった親同士も疎遠になって。タクヤが東京で就職して私とばったり会ったことを親に話したら、ものすごく喜んでいたと。 つきあうようになったとき、私も親に話したら『また縁ができたのね』とすぐに連絡をとりあっていました。親たちが早く結婚しろと騒ぎ出したのはつきあって2年ほどたったころでしたね」

流産したことをなじられて

やっと結婚すると決めたとき、タクヤさんの両親は上京、ミオリさんもタクヤさんも不在のまま親同士が再会、ミオリさんの実家に1泊していったという。 「気心も知れているし妊娠したし、結婚するしかなかった。タクヤも私も仕事優先でしたが、つわりがひどかったときはとても優しかったんです。根がいいやつだから。 調子が悪くて会社を休んで寝ていたら、仕事が忙しいのに、わざわざ昼に一度帰ってきてくれたこともありました。『様子を見に来ただけ』と言っていましたが、私がそのころ唯一食べられたグレープフルーツが切れているのを知っていたんです。たくさん買ってきて剥(む)いてくれました。つわりは短期間でおさまったけど、ずっと心配してくれていました」 妊娠 マタニティだがミオリさんは稽留(けいりゅう)流産をしてしまう。初めての妊娠で流産し、2日ほど入院して手術も受けた。 「私はショックで泣いてばかりいました。タクヤも最初は慰めてくれていたけど、だんだん無口になっていって……。『ミオリだけが苦しいんじゃない、オレだってつらいんだよ』と怒鳴って深夜にプイと家を出て行ったこともあります。 でも私はタクヤより自分のほうがずっとつらいと思っていた。タクヤの苦悩は期待が裏切られたものだけど、私は実際、体で体験していることだから」 タクヤさんに対して、思いやりがないとなじったこともあった。 ギクシャクした日々が続いた。それでもそれぞれの実家の励ましがあり、体が回復するとミオリさんも少しずつ前向きに考えられるようになった。
次のページ 
離婚覚悟で不倫したけれど
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ