News
Fashion

なぜ万引きゼロ?“無人”の古着屋。コンビニみたいに24時間、服を買える

 コロナ禍に突入してからというもの、非対面非接触の「無人レジ」「無人ホテル」「無人コンビニ」など、「無人○○」は続々と増えています。そんな中、2021年12月に池袋で無人の古着屋「SELFURUGI(セルフルギ)」がオープン。ついにアパレルにも無人のお店が出てきたのか! と思いつつ、ふと「試着中の防犯はどうなのだろう?」「万引きとか大丈夫?」といった素朴な疑問が……。

代表の南雲宏樹さん(左)とマーケティング統括の熊谷一誠さん(右)

 そこで実際にお店へ行き、安全対策を始めとしたお店の作りや、そもそもお店が誕生するきっかけなどを、代表の南雲宏樹さんとマーケティング統括の熊谷一誠さんに聞いてきました!

通りがかりにコンビニ感覚で立ち寄れる

 池袋と目白の間で、最寄り駅は雑司ヶ谷。明治通り沿いの黄色い看板のお店が、無人の古着屋「SELFURUGI」です。驚くことに、365日24時間オープンしているのだとか。  大通りに沿ってはいるものの、この辺りは閑静な住宅街。近くには日本女子大学や学習院大学といった由緒ある学校が建ち、どことなく上品で知的な雰囲気が漂う街です。 「古着屋」と聞くと、東京なら高円寺や下北沢など個性が立った街にたたずむ印象ですが、「SELFURUGI」自体がとってもシンプルな雰囲気。この閑静な街にとてもなじんでいます。

奥がレディース商品のラック。季節に合わせて入れ替わる

「もともと、とがったイメージの古着屋を目指していないんです。家族連れや年配の方でも老若男女幅広く楽しんでもらえるお店をイメージしています。夜中も開いているので、通りがかりにちょっと立ち寄っていただくなど、コンビニ感覚でお買い物を楽しんでいただきたいです」(南雲さん)

大人向けのきれいめ服も2000円~3000円

 そろえている古着も、「ZARA」や「23区」などお手軽なものから大人ブランドまで、誰もが耳にしたことがある“きれいめ系”の服がほとんど。しかも価格帯は2000円~3000円が多めで、ヘビロテできそうな服がとってもリーズナブルに手に入ります。 「仕入れにはこだわっていて、国内の地方自治体と提携している廃品会社で1キロ単位という小ロットで仕入れています。1枚1枚状態を目でチェックして、売れるレベルのきれいなものだけを厳選。週に2回は仕入れに行って、定期的に商品の入れ替えをしています」(南雲さん)
次のページ 
アパレル業界は、服の大量廃棄が問題だけど…
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ