Gourmet
Lifestyle

夫の好物は元カレのレシピ。胸がチクッとするけど美味い“松前漬けパスタ”って?

あなたは「え、これとそれを組み合わせて食べるの?」と言われてしまうような、意外な食べ方をすることがありますか?   今回は、そんな食べ方にまつわるエピソードをご紹介しましょう。
お代わり食事孤食箸茶碗

写真はイメージです(以下同じ)

夫の好物は元カレのレシピ

河村志麻さん(仮名・28歳・主婦)は、夫のMさん(31歳・メーカー勤務)に内緒にしていることがあります。 「実は、Mも大好きな私の得意料理の“松前漬けパスタ”のレシピは、元カレA(28歳・美容師)に教えてもらったものなんです」 夫の好物は元カレのレシピ4年前、志麻さんは元カレAさんと一緒にお正月を過ごしていました。 「Aの実家から送られてきた松前漬けが大量に余っていて『松前漬けって美味しいけど、しょっぱいから少しずつしか減らないね」と言ったら『そういう時はこうするんだよ』とAが手早く作ってくれて」 それは、ボウルに茹でたパスタと松前漬け適量とバターを入れてよく和えて、お皿に盛り付けて、レモンをギュッと絞るだけというシンプルなものでした。 「パスタに松前漬けって…大丈夫?と半信半疑のままひと口食べてみたら、めちゃくちゃ美味しい和風パスタになっていて衝撃的だったんですよね」 醤油味のスルメイカと昆布の出汁成分とバターがパスタとよく合っていて、数の子のプチプチ食感が楽しく、レモンの酸味のお陰で最後まで飽きずに食べられる最高の一皿だと、志麻さんは絶賛しました。
パスタ

志麻さんが実際に作った松前漬けパスタ

夫の絶賛に胸がチクッ

「気を良くしたAは、それからひんぱんに松前漬けパスタを作ってくれて。Aのお母さんが子供の頃から作ってくれた思い出の味なんだと言っていました」 ですが、彼に二股をかけられていたことが発覚し2人は破局。もうAさんのことなんて思い出したくないと思った志麻さんは、彼からもらった物を全部捨てました。 「でもどうしても、このレシピだけは捨てきれず今だに作っていますね。夫が『本当にこれ美味しいよ!志麻ちゃん、よくこんな組み合わせ思いついたね』と喜んで食べてくれてるのを見てると、ちょっと胸がチクッとしますが」   「ま、レシピに罪はないですからね」と苦笑いする志麻さんなのでした。 続いては、母の自由過ぎる「混ぜそば」にうなった女性の話です。
次のページ 
肉野菜炒めがドーンと乗った混ぜそば
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ