Gourmet

食べれるの?! 本物の花みたいな「おはぎ」がすごい。五感で季節を楽しめる

 桜新町(東京都世田谷区)で連日行列をなしているおはぎ専門店をご存知でしょうか。お店の名前は「タケノとおはぎ」。オシャレなアクセサリーショップ?と中を覗くと、洗練されたシンプルな店内におはぎの入った木箱が整然と並んでいるのが見えます。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 食べれるの?! 本物の花みたいなおはぎが素敵! おはぎは日替わりで7種類のみ販売とのことですが、毎日変わるおはぎをSNSで眺めてうっとり。美しすぎます。この美しいおはぎは何?ということで店主の小川寛貴さんにお話を聞いてみました。

おはぎ専門店を始めたきっかけ

――「タケノとおはぎ」はおはぎ専門店という新しいジャンルのお店ですが、おはぎ専門店を始めたきっかけを教えてください。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます おはぎ専門店を始めたきっかけ小川さん(以下、小川)「洋風のお惣菜を扱うデリカテッセンのお店をやっていたのですが、偶然そのお店の隣の物件が空いたので、新しいお店をオープンさせようと始めたのが『タケノとおはぎ』です」

祖母の作るおはぎがソウルフードだった

――デリカテッセンとは全く逆の、おはぎのお店をなぜ始めたのでしょうか。 祖母の作るおはぎがソウルフードだった小川小さい頃から祖母の作るおはぎが大好きで、おはぎが自分のソウルフードだったんです。祖母があんこともち米を炊いて作ってくれるおはぎはとてもおいしかったのですが、祖母も年齢を重ねてあんこが炊けなくなってきました。それで、祖母の娘である私の母親に『おばあちゃんのおはぎ作れる?』と聞いたら『作れない』と返ってきて、このままだと祖母の味を引き継ぐ人が誰もいなくなると思い、母と一緒に祖母におはぎを習いにいったのがきっかけです」 ――タケノとおはぎのタケノは、「タケノおばあちゃん」だったんですね。おばあちゃんのおはぎはどのような味だったのでしょうか。 小川「昔は砂糖が高価だったこともあって、甘さは控えめでお豆の味がしっかりするおはぎでした。私は甘いものが好きではないのですが、祖母のおはぎは毎日食べたくなる大好きなおやつでした」
次のページ 
和菓子ではなく、「おはぎ」というジャンルの料理
1
2
3
4
Cxense Recommend widget
【タケノとおはぎ】電話予約:03-6413-1227

予約は日替わり7種のセットのみ。一日2組限定でオーダーおはぎも受付中。50セット限定でお引き取り日の営業日前日までに電話予約可能。予約お渡しは14:00~18:00(桜新町店でのみお渡し)※配送はなし。


あなたにおすすめ