Love

34歳女性が婚活で“料理アピール”をやめた理由。変な男性ばかり寄ってきた

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。 婚活していて、30代~40代でも当然のように同年代男性と出会えると思っている女性は多いものです。かしかに同級生たちは同年齢ぐらいの男性と結婚しているし、20代男性は「恋愛対象の年齢はあまり気にしない」という方も珍しくないですよね。だから、30代になってから婚活を始めても当然、同年代との出会いがあると思ってしまうのでしょうか。
頬杖をして微笑む女性

写真はイメージです(以下同じ)

しかし、現実は違います。 34歳で相談にやってきた恵さん(仮名)もそんなおひとりです。婚活を始めて、39~50歳ぐらいの年上男性からしか申し込みが来ないと悩んでいました。

30~40代婚活男性の半分は「年下と結婚したい」

「年齢は気になるものの、いい人かもしれないし」と試しに会ってみても、なぜか上から目線な感じがする男性が多かったそうです。もうすぐ誕生日がきて年齢が上がるのに、婚活を続ける先に結婚が思い描けず、私のところへ来たというお話でした。 実はこの現象、恵さんが特別というわけではなく傾向として“そういうもの”なのです。
結婚観調査

出店:株式会社リンクバル「結婚観調査」

株式会社リンクバルが街コン・パーティーサイト「machicon JAPAN」会員で20~49歳の結婚を希望する未婚男女1120人を対象に行ったアンケート調査(2019年9月)によると、未婚男性は年齢が上がるにつれて、結婚相手に年下女性を希望する人が増える傾向にあります。 30代男性の43%、40代男性の62%が年下女性との結婚を希望しており、同い年~年上を希望する男性は30代で19%、40代で8%しかいません。これに対し、未婚女性で同い年~年上の男性を希望する割合は、30代で43%、40代で33%でした。
結婚観調査

出店:株式会社リンクバル「結婚観調査」

また、20代男性においては、年下女性との結婚を希望する人は18%だけで、36%が同い年~年上を希望。なので20代までの女性は、普通に同年代男性と会えるのです。 30代で婚活している女性は、過ぎ去った20代がボーナスステージであったことに後から気が付きます。

「アプリの方が同年代と会える」は思い込み

恵さんはマッチングアプリと結婚相談所を併用して婚活をしていました。 「マッチングアプリの方がまだ同年代と会えるんですけど、会えても続かないんですよね。結婚相談所にいる男性は、年齢しか見てくれない感じなんです。結婚相談所より、アプリでの婚活に専念した方がいいんでしょうか?」 「マッチングアプリだと男性はプロフィールを読まずに『いいね』を送るし、女性は相対的に少ないからモテるだけです。 結婚相談所ってお見合いが成立したらキャンセルするのにキャンセル料もかかるし、ルール的には必ず会うことになるから、みんなしっかり相手のプロフィールを見てから申込みますよね。 恵さんのプロフィールを拝見しましたが、このプロフィールだとあまり特徴がないので、年齢しか目立たないと思いますよグリーンの花と結婚指輪恵さんのプロフィールは「周りの人からは優しいとか真面目だねって言われることが多いです」という性格の解説と「休日は家で過ごすときは料理をしています。会社にお弁当を持っていくこともあります」という料理アピール。趣味はヨガとクラシック音楽鑑賞でした。 会ったらどんなことが楽しめるのかもイメージしにくいですし、男性が見て「共通点があるから話してみたい」と思うようなことも何ら書いていないのです。ヨガもクラシック音楽も決して悪いわけではないですが、デートプランの参考にはなりにくいでしょう。 「優しい」「真面目」も多くの女性に該当しますし、他の人たちとの差別化にはつながりません。写真もいまいちで、結果的に恵さんのプロフィールを見て印象に残る特徴は、年齢と居住地だけなのです。 【関連記事】⇒「デートがイオンモールなんて…」職業で彼氏を足切りする30代女性の失敗 【関連記事】⇒昔の“エビちゃんOL”服で婚活する37歳。「変わらない」ことの危うさ
次のページ 
「料理します」より「『ハンター×ハンター』が好きです」?!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ