Love

なぜ、どうでもいい人には好かれて、好きな人には好かれないのか?

 仕事に結婚に悩めるアラサー。そこで今回、小さい頃からビジュアルにコンプレックスを抱いていたという“103kgの恋愛カウンセラー” 羽林由鶴先生に恋愛相談を決行! 「恋がうまくいかないアラサー独女の特徴」を聞いてみました。

好きな気持ちを上手にバラす



――前回(http://joshi-spa.jp/108628)の、美人にも恋愛経験ゼロの人が多いという話もそうですが、男性に自分から話しかけるってちょっと抵抗があったりしますよね。変な風に思われたら嫌だし……。

羽林:そうやって、結局相手から話しかけられるのを待つ人が多いですよね。恋愛を勝ち負けで考えている。子供のときは、好きという気持ちは秘密にしてますよね。バレるとみんなに冷やかされるから。でも、それを30歳過ぎてもやっている人はモテない。大人は、好きな気持ちは上手にバラすんです。

――上手にバラす!?

羽林:「好きです」ってストレートに言っちゃダメ。そんなことを言うと……。

――引かれるじゃないですか!

羽林:そう、引かれるでしょ。そもそも「好きです」という言葉を使わなければならない場合、断られてしまう可能性が高い。まだ言う段階ではないんです。日常の関わりの中で、好きという気持ちをバラすんです。

――というと?

羽林:まずは、「あなたの話をちゃんと聞いているよ」と伝える。いいと思ったら、ただ普通にそう言えばいいんです。「ありがとう」「嬉しい」「それいいね」「かっこいいね」。当たり前に伝えられるようになることです。

なぜ、好きな人には好かれないのか?



羽林:おもしろいのは、多くの女の子がどうでもいい男性は普通に褒められるのに、好きな相手には言えないんですよね。だから、好きな男性はそれを見て、「あいつの方がいいんだ」と思うわけ。

――なるほど、そりゃそうですね。

羽林:それで、好きじゃない人には好かれるのに、好きな人には好かれないから困ります、という人は多い。人を好きになる仕組みから考えると当たり前。だって、そういう態度をとっているんだから。その態度のせいで「何かわからないけど、そっけない。悪いことを言った覚えもない。ほかの男や女の子とは仲がいいのになんで?」なんて好きな男性から、思われてしまう。好きな人にわざわざ嫌われることをしちゃってるんです。だから、ただそれを変えればいい。

――でも、意識してしまうから、普通に振る舞うのが難しくなると思うんです。

羽林:傷つきたくないと考えてしまうわけですよね。だから大人の恋愛ができない。隠そうとしたり、バレないようにしたりしなければもっとうまくいくのに、もったいない。

――う~ん、やっぱり勇気がいりそうです。

羽林:やってないことをやるときは勇気が必要です。仮にやってみれば、案外なんでもないやって思うものですよ。パートナーが欲しいなら、勇気をもつことです。付き合いたいなら、バレたらチャンスと思ってください。

自分のことを考えてもらうきっかけを作る



痩せずにモテを実現した羽林さん

羽林:「○○さんと一緒にいると楽しいです!」と言ったとするでしょ?  そうすると男性は、「そうなんだ」ってそのまま受け止めるんです。褒め言葉を否定したり、「なんでそんなこと言うの?」と思うのは女性だけ。

――確かに、そうですね(笑)。

羽林:「かっこいいね」と言ったら、男性は「でしょ?」と言いますよ。褒められて断る人はいない。ちゃんと伝えれば、「いい子だな」って思ってもらえます。好きという気持ちは、そこから始まるんです。男性はあなたのことがなんだか気になって、見ちゃったり聞いちゃったり、情報が増えるから「やっぱりいいなぁ」となる。それが好きにつながってくる。

――なるほど!

羽林:両想いになるには、相手に自分のことを考えてもらわなければならない。「○○さんと仕事をすると楽しい。いつも頼りにしちゃってごめんなさい」とか言うと、離れた後でも「あの子、いい子だったな」と男性は思うものですよ。女性がごちゃごちゃと頭を使って空回りしているうちはダメ。好きな気持ちを上手にバラすことで、相手に考えさせるきっかけを作ってほしいです


<羽林先生からのアドバイス>
「好きな相手をごく普通に褒めること。そして、好きな気持ちを上手にバラすこと」


【羽林由鶴(はねばやしゆず)】
103kgの恋愛カウンセラー。体型コンプレックス、DV、離婚、シングルマザーなど、自身の人生経験を踏まえた心理カウンセリングを行っている。著書『人見知り女子の恋愛法則-「また会いたい」と言われる人になる!』(角川書店)が絶賛発売中。

<TEXT/佐藤来未(Office Ti+)>

人見知り女子の恋愛法則「また会いたい」と言われる人になる!

人見知り、二度見知り(会うのが二度目以降でも緊張する)、話ベタ…どうしてうまく話せないんだろうと悩んでいませんか? 誰でも、自分らしくありのままで恋愛がはじまる方法を紹介いたします。




あなたにおすすめ