Entertainment

宇垣美里「好きなことを仕事にするって、本当に幸せなんだろうか」/映画『ハケンアニメ!』

 元TBSアナウンサーの宇垣美里さん。大のアニメ好きで知られていますが、映画愛が深い一面も。  そんな宇垣さんが映画『ハケンアニメ!』についての思いを綴ります。
映画『ハケンアニメ!』

映画『ハケンアニメ!』

●作品あらすじ:連続アニメ『サウンドバック 奏の石』で夢の監督デビューが決定した斎藤瞳。だが、気合いが空回りして制作現場には早くも暗雲が…。瞳を大抜擢してくれたはずのプロデューサー・行城理は、ビジネス最優先で瞳にとって最大のストレスメーカー。「なんで分かってくれないの!」だけど日本中に最高のアニメを届けたい! そんなワケで目下大奮闘中。  最大のライバルは『運命戦線リデルライト』。瞳も憧れる天才・王子千晴監督の復帰作だ。王子復活に懸けるのはその才能に惚れ抜いたプロデューサーの有科香屋子…しかし、彼女も王子の超ワガママ、気まぐれに振り回され「お前、ほんっとーに、ふざけんな!」と、大大悪戦苦闘中だった。  瞳は一筋縄じゃいかないスタッフや声優たちも巻き込んで、熱い“想い”をぶつけ合いながら “ハケン=覇権”を争う戦いを繰り広げる!! その勝負の行方は!? アニメの仕事人たちを待つのは栄冠か? 果たして、瞳の想いは人々の胸に刺さるのか?(以下、宇垣美里さんの寄稿です。)

好きなことを仕事にするって、本当に幸せなんだろうか

映画『ハケンアニメ!』

『ハケンアニメ!』より

 好きなことを仕事にするって、本当に幸せなんだろうか、と思うことがある。幸運なことに、好きを仕事にしてはや8年。ずっとやりたかった文筆業も5年ほど続けられていて、たとえ過去に戻れたとしてもこの道以外を選ぶつもりはないけれど、さりとて楽しい思いばかりしてこられたわけじゃない。  明日も早いのにどうしても納得できないからと泣きながらキーボード叩いて書き直し、出来上がった映像を見て表現しきれない自分のふがいなさに絶望して、評価が怖くてSNSなんか封印した。  だから、好きを貫くためにストレスフルな環境の中、身を削り魂を捧げるようにして働く面々の眼差しに、この作品は正真正銘のお仕事映画なのだと、胸がいっぱいになった。

アニメや創作物に救われた人なら誰しも刺さる、ハッピーエンドを超えたラスト

 新人監督のデビュー作と天才監督の復帰作、放送時間がかぶった2つの連続アニメ作品をめぐり、プロデューサーや声優、関わる多くのスタッフたちが個々にプライドを持って仕事に取り組み、時に、いや常にぶつかり合いながら視聴率トップの“ハケンアニメ”を目指す。  アニメ業界にスポットライトを当てているだけあり、まずナレーションの声を聴いた瞬間、この作品が“わかっている”ことがわかる。  劇中アニメの声優陣の豪華さや、ところどころに出てくる人気アニメの名台詞などの目配せにもニヤリ。アニメ作品が出来上がる過程や業界の裏側を描くとともに、作中で表現される産みの苦しみはあまりにリアルでまるでドキュメンタリーを見ているかのよう。  描くことの壁は描くことでしか越えられない、と机にかじりつくようにして創作に赴(おもむ)く姿に、彼らの「いい仕事がしたい」という思いが届くまでには地道な努力の積み重ねがあるのだと、それしかないのだと勇気づけられた。  王道のハッピーエンドを超えたラストのカタルシスといったら。アニメ、いや創作物に救われたことのある人なら誰しも刺さることだろう。  それにしても劇中アニメのクオリティの高さがすごい。どちらもワンクール分しっかり見たいです。 ハケンアニメ!』 原作/辻村深月 監督/吉野耕平 脚本/政池洋佑 出演/吉岡里帆 中村倫也 工藤阿須加 小野花梨 高野麻里佳 六角精児 柄本佑 尾野真千子ほか ©2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会 【他の記事を読む】⇒シリーズ「宇垣美里の沼落ちシネマ」の一覧はこちらへどうぞ <文/宇垣美里> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
宇垣美里
’91年、兵庫県生まれ。同志社大学を卒業後、’14年にTBSに入社しアナウンサーとして活躍。’19年3月に退社した後はオスカープロモーションに所属し、テレビやCM出演のほか、執筆業も行うなど幅広く活躍している。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ