Lifestyle
Love

料理にうるさい彼にお別れLINEを送信、まさかの返事にドン引き

 皆さんの周りには、特定のことに異常にこだわり執着する人物はいませんか? 本人には悪気がなくても、度が過ぎるといい気分にはなれません。今回は、恋人の強い食へのこだわりに幻滅し、破局してしまったエピソードを紹介します。

「サラダを取り分けてくれる」彼との出会い

「サラダを取り分けてくれる」彼との出会い

写真はイメージです。(以下同じ)

 今回お話を聞いたのは、会社員の沙織さん(仮名・30歳)。沙織さんには、Kさんという1つ年上の彼氏がいます。Kさんとの出会いは1年前で、共通の友人に誘われた飲み会だったそう。 「Kさんはトングを使い丁寧にサラダを取り分けるような気配りのできる人でした。以前の彼氏はデリカシーのないガサツな人だったんですが、Kさんは正反対で、それがとても魅力的に見えました」  Kさんも沙織さんが好みのタイプであり、二人は共通の趣味である美術館巡りがきっかけでデートを重ねて付き合うことになりました。

料理下手な彼女のもてなし料理

 やがて二人は互いの通勤に便利な沙織さん宅で同棲をはじめることになりました。Kさんが引っ越してきた当日、沙織さんは彼女なりに腕を振るった料理でもてなしたそうです。 料理下手な彼女のもてなし料理「おうちデートでもUber Eatsを使って頼んでいたので、実はKさんが私の手料理を食べるのはこれが初めてだったんです」  この日もKさんがいつも通り料理を取り分けてくれ、沙織さんは満足していました。 「でも、実は私、かなりの面倒くさがり屋だし、料理も苦手なんですよね…。料理には、レトルトや料理の素がほとんどなんです」  と少し恥ずかしそうに教えてくれた沙織さん。実は、その日の料理も市販の中華料理の素に加えサラダを添えた時短レシピだったそう。
次のページ 
彼の突然のサラダ奉行に困惑
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ