Entertainment

成田凌が演じた、夢をあきらめる強い者たちの物語『あなたに聴かせたい歌があるんだ』<成田凌×萩原健太郎対談>

高校の同級生だった若者たちの苦い記憶と夢の喪失、そして再生を描いた群像劇『あなたに聴かせたい歌があるんだ』が、5月20日より動画配信サービスHuluにて配信開始された。主演を務めるのは俳優として無二の存在感を誇る成田凌。 エッジな人々本作で初タッグとなる監督・萩原健太郎とともに語った、人生を豊かにするために必要な強さとは?

夢をあきらめる、強い者たちの物語

 作家・燃え殻が原作を書き下ろしたHuluオリジナルの新作ドラマ『あなたに聴かせたい歌があるんだ』は高校の同級生だった若者たちの17歳から27歳までの10年間を描いた群像劇。誰もが経験する青春期の挫折や喪失、そして再生を描いた本作は、映像化に先駆けておかざき真里が漫画化し、小誌で連載され話題を呼んだ。主演の成田凌と、監督の萩原健太郎が作品を通して考えた青春の蹉跌(さてつ)と、その先の生き方を語った。 ──ドラマ化に際し、萩原監督は燃え殻さんと一緒に脚本を手がけていらっしゃいます。そもそも、おふたりが知り合ったきっかけは? 萩原:燃え殻さんが『ボクたちはみんな大人になれなかった』を刊行されたとき、映像化したいと思ってTwitterでDMを送ったんです。そこで一度メシでもという話になり、「その作品はもう映画化が決まっているんですけど、別で何かゼロから一緒に作りますか」みたいな流れになって。1年ぐらいメールでやりとりを続けるうちにどんどん輪郭ができていって、脚本化したのが今回の作品です。

燃え殻さんが生きている限り、物語が生まれ続けるんだろう

エッジな人々──主演のオファーがあったとき、成田さんはどう思われましたか? 成田:「燃え殻さんの原作で、出演者はこういう方を想定しています」と聞いたとき、これは可能性を秘めた素敵な作品になりそうだなと思って、二つ返事で「やります! やらせていただきます!」と。セリフが少ない脚本なんですけど、できあがりを観たら、僕たち俳優は立っているだけなのに、登場人物たちがそれぞれどういう人間で、どういう状態なのかがよくわかる画を監督やカメラマンさんが作ってくださっている。手応えを感じています。 ──成田さんは、燃え殻さん原作『湯布院奇行』の朗読劇にも出演されていますよね。燃え殻さんの作品のイメージは? 成田:この人は何回人生を歩んだんだろう?っていうくらいのエピソードの宝庫ですよね。ご自分が経験したいろんなことをめちゃくちゃ細かく覚えているのが本当に凄い。燃え殻さんが生きている限り、物語が生まれ続けるんだろうなと思いました。
次のページ 
あえて華を消せるという役者の凄み
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ