Lifestyle

ひも、本当についてる?300円の“極細耳ひもマスク”は着けて驚き!

さまざまなメディアでも取り上げられ、今密かに注目されているのが、ダイソー発の新ブランド「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」のとあるマスク。 スタンダードプロダクツ特許マスクかけ心地が最高だと言われていますが、どうやら特許を取得している“耳ひも”に秘密があるよう。なぜ話題になっているのか、本当にかけ心地がいいのか、実際に購入して試してみました。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

「耳が痛くなりにくいマスク」税込330円

スタンダードプロダクツには数種類のマスクが売られていて、なかでもひときわ注目を集めているのが「耳が痛くなりにくいマスク」。
スタンダードプロダクツ特許マスク

スタンダードプロダクツ「耳が痛くなりにくいマスク」スモールサイズ(10枚入り)/税込330円

レギュラーサイズとスモールサイズの2種類があり、カラーは黒とグレーの2色が置いてありましたが、筆者が行ったマロニエゲート銀座店では「一体感マスク」という商品名で同じ機能の白も並んでいました。いずれも330円で10枚入り。 このマスク、特許を取得した技術が使われていて、他のマスクとは違った特徴があるんです。

体温に反応?! 極細耳ひもが特徴のマスク

スタンダードプロダクツ特許マスクそれがこのマスクの耳ひも。かなりの細さで、見たところテグス(ナイロンや化学繊維で作られる糸)に似ています。ただ手触りはテグスのように固くなく、シリコーンのような感じ。オレフィン系エラストマーという素材でできているのですが、なんと人の体温に反応してひもがやわらかく変化するのだそう。 スタンダードプロダクツ特許マスクさらにマスク上部には鼻あて用のクッションを採用。鼻部分の隙間を解消して密着度をアップさせてくれます。このクッションには、めがねが曇りづらいというメリットも。
次のページ 
着けてみて驚き! ひも……本当についてる?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ