Love

180センチ超えイケメンの同級生と10年ぶりに再会。目にした驚異の“モテすぎ”日常とは…?

街を歩いていると、たまにものすごいイケメンや美人さんとすれ違いますよね。ジロジロ見るのは失礼と思いつつも、無意識に目で追ってしまったりもするもの。今回は、昔からの友人がそんなイケメンのひとりだという女性のエピソードをご紹介します。

久しぶりに会うイケメン同級生

「イケメンの友人Bくんのとなりを歩くのは、ちょっと鼻が高かったです」そう話すのは伊藤亜紀子さん(30歳/仮名)。
ビジネスマン

写真はイメージ(以下同じ)

普段は地方で会社員をしている亜紀子さんは、ある時、出張で数日間東京に行くことになりました。(コロナ禍前の話です) 「その時の出張では、久しぶりに中学の同級生のBくんに会うことになっていたので、ワクワクしていました。Bくんに会うのは10年ぶりでした」 中学時代は仲が良かった亜紀子さんとBくんですが、最後に会ったのは成人式の時。社会人になってからはBくんは転勤も多く、疎遠になっていましたが、最近久しぶりにSNSでつながり、再会することになったのです。 「中学の頃からイケメンで人気者だったBくんに会うので、オシャレにも気合が入りましたね」

並んで歩くのは鼻が高い

亜紀子さんが待ち合わせ場所に着くと、すでにBくんが待っていました。身長180センチ越えのBくんは遠目にも目立ちます。 「中学の頃よりさらに背が伸びたようで、顔も当時より凛々しい感じになってて、カッコ良さに磨きがかかっていました」 「おまたせ~」とBくんにかけより、久しぶりの再会にひとしきり盛り上がった後は、Bくんに予約してもらった焼き鳥屋さんに向かいました。 「カッコ良いBくんのとなりを歩くのは、すごく鼻が高かったですね」
次のページ 
この後、亜紀子さんが目にした驚くべき“イケメンの日常”とは?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ