Beauty

スゴすぎる!シミ・シワ撃退メイク、使うのはコンシーラーだけ

「『THE正解メイク』を求めているなら、期待に応えられないかもしれません」。こんな一言からはじまる『化け活。』(主婦の友社)。「メイクにはあなただけの解決法がある」と語るのは著者の化け子さん。日本トップクラスの女優から愛される現役のヘアメイク職人です。You Tubeチャンネル『ヘアメイク職人_化け子』は登録者数16万人。
 化け子さんは55歳、「特に40代以上さまざまな加齢現象が現れてきて、より対応が複雑」になると言います。確かに、変に無理して若作りはしたくないし、とはいえ手を抜くと不潔に見えかねない、悩ましい年代ですよね。私達が望むのは、成熟した魅力と自然さをミックスし、適度な若さをコーティングしたメイクではないでしょうか。  本書で紹介されたメイクは、どれも簡単なものばかり。欠点は強引に隠さず、うまく生かす。厳選したアイテム使いでポイントを抑え、印象をグレードアップ。足し算ではなく引き算の魔法で、あなたの顔が変化しますよ。

ファンデーションの常識を捨てる

 40代になれば気をつけていても、シミ、シワ、くすみ、たるみから逃れられません。隠そうと一生懸命になって、手あたり次第に重ねぬりして、結果厚化粧になってしまうことも。本書では「40代以上は、むしろファンデなしでもいい」とバッサリ。 「ほどよく補正力のある下地でくすみを払い、少量のコンシーラーでシミを隠す。これだけでもOK」と言います。ファンデが手放せない人にとって大胆ともいえる方法です。とはいえいきなりファンデを封印するのは勇気が要りますよね。ではまず、ファンデの選び方のポイントを本書からまとめました。

ファンデーションのカラーはこうして選ぶ

 40代半ばを過ぎると、肌が黄ぐすみを起こしやすく、肌色に合わせた黄みの強いオークルのファンデを選びがち。
黄みの強いオークルはNG

黄みの強いオークルはNG。ファンデを塗って時間がたつと、肌がグレーっぽくなっていませんか?

 しかしほんのり赤みがかったトーンのほうが、くすみが飛んで自然な肌色になる。
ピンク寄り、オレンジ寄りの赤みを感じる色がおすすめ!

ピンク寄り、オレンジ寄りの赤みを感じる色がおすすめ!

 そしてファンデの厚塗りをNGとする根拠は、「ファンデーションでシミは隠れません」という事実。「塗り重ねた分だけオバサン化」するというのですよ。脱オバサン化するために必要なのが、そうです、コンシーラーの出番です。
次のページ 
コンシーラーは2種類使いの新常識
1
2
3
Cxense Recommend widget
『化け活。』Amazonはこちらこちら


あなたにおすすめ