Lifestyle

小室圭さん眞子さんの結婚、秋篠宮の本音は?はっきり言ってよ/辛酸なめ子

 ジャーナリストの江森敬治氏が、5年間、合計37回にわたって秋篠宮をインタビューした内容をまとめた『秋篠宮』(小学館)が5月に上梓されました。長女・眞子さんの結婚問題にも触れ注目を集めています。  本書ついて、皇室ウォッチャーのコラムニスト・辛酸なめ子さんはどうみたのか、寄稿いただきました。(以下、寄稿)

小室圭さんはNY生活を満喫中、一方日本の皇室は…

小室圭さんはNY生活を満喫中、一方日本の皇室は…

日本雑誌協会代表撮影

 コロナ前、一般参賀に伺うと、毅然とした姿で馬に乗ったりしている皇宮警察の方々からはエリート感が漂い、憧れを感じたものでした。そんな皇宮警察内で、皇室の悪口が飛び交っていたとは……。先日の「週刊新潮」(6月23日号)の報道は衝撃的でした。いっぽう、秋篠宮家のご家族の関係にも不穏な空気が漂っていて佳子様は公務で親子共演を避けられているのでは?という憶測も報じられています。  そんな日本から距離を置き、眞子さんは小室さんとマンハッタンで恋人つなぎでデートしていてお幸せそうです。3回目の司法試験への余裕を感じさせます。物価が高いNYですが、高級食料品店のエコバッグを持っていたとのことで、食生活も充実しているのではないでしょうか。小室さんは、ちょっと前には事務所で夜のお弁当手配を頼まれて、音楽を聴きながらピザの箱を縦持ちして歩く姿もキャッチされていました。我が道を行く小室さんに、眞子さんは頼もしさや、お父様に通じるものを感じられていたのかもしれません。  皇室担当記者だった江森敬治氏による話題の本、『秋篠宮』(小学館)には、そんな秋篠宮様のゴーイング マイ ウェイなお人柄が伺い知れます。

小室さんの仕事を認めていた?

小室さんの仕事を認めていた?

日本雑誌協会代表撮影

 秋篠宮様は皇位継承順位第1位の皇嗣殿下であらせられるだけでなく、1996年には理学博士号を授与され、現在は、東京大学総合研究博物館特別研究員や東京農業大学客員教授を務めていらっしゃいます。そしてこの本にはさり気なく「180センチ、62キロ」という情報も。現皇室の中で一番背が高いそうです。実は最高峰のハイスペック男性でいらっしゃいました。好きなことを研究していたら、いつの間にか東大の研究員や東京農大の客員教授に。就職活動や出世レースとは無縁の世界です。  秋篠宮様は小室圭さんの仕事について「今のお仕事が定職ですよ」「パラリーガルのままでよいですよ」とおっしゃっていたそうです。あくせく働かなくても、好きなテーマを見つけて取り組めば、あとから地位や名誉はついてくる、そんなお立場からの余裕のご発言だったのかもしれません。小室さんも眞子さんの伴侶である以上、いつか名誉職を得られる……上級国民としての未来を想像させられます。
次のページ 
ブタの膀胱についての知識を披露
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ