Gourmet
Lifestyle

1年で登録者18万超!“おつまみ”を作るサラリーマンYoutuberに裏話を聞いた

疲れた体を大好きなお酒とそれに合う料理で潤す夕食時間。これぞ至福のひと時といっても過言ではありません。しかし、忙しい日々の中で手の込んだ夕食を作ることは、それなりのプレッシャーになることもしばしば。しかし、そんな人々の救世主たるYouTubeちゃんねるが存在するのです。 その名も『ぴーきちごはん』!
ぴーきちごはん

Youtube「ぴーきちごはん」より

こちら、東京で一人暮らしをするサラリーマン・ぴーきちさんによる、仕事終わりに普段つくっているおつまみを紹介する番組。動画初投稿から一年にして、チャンネル登録数は18万人超え!簡単で美味しいレシピをたくさん知れるだけでなく、独身男ぴーきちさんの楽しげなライフスタイルも垣間見ることができる、人気チャンネルとなっています。 今回、女子SPA!編集部はぴーきちさんへのインタビューを決行!知られざる動画製作の裏話をたっぷり聞かせてもらいました!

きっかけは会社の先輩のひとこと

――ぴーきちさんが動画を取り始めたきっかけは何だったのですか? 「コロナ禍になったことですね。もともと自炊をしない外食派だったので、外出が自粛になってしまってどうしようかと。最初はコンビニ弁当を買うなどで乗り切ろうとしたのですが、それなら料理をやってみようかなと思って始めたのが一年半前。その後、会社の先輩がうちに来た時に料理を振舞ったりしていたら、『YouTubeとかやってみたら?』と提案してもらったのがきっかけです」
ぴーきちごはん

Youtube「ぴーきちごはん」より

――それまで全く料理をしていなかったのに、そんなにすぐに人に振舞えるレベルまで上達したんですか?!才能、ありすぎません? 「クラシルとか、レシピサイトを真似して始めた感じなので、特に自分のポテンシャルが高いとかではないんですよ(笑)。ただ、大学時代にカフェでアルバイトをしていて、パスタを作ったりした経験はあったんです。なので、もともと包丁とかは使えました」

親は料理をしていることすら知らないんです(笑)

――そのスキルは持ちながら、これまで自炊をするという発想はなかったのでしょうか? 「実は我が家は、両親も料理しない人たちだったんです。子どもの頃からずっと、食事は外食やテイクアウト。作るってなるとレンチンくらいしかしていませんでした。なので、一人暮らし始めた後も、実家の頃と同じ生活を続けてたっていう感じです」 ――自炊をしないことが当たり前な環境で暮らしていたわけですね。 「はい。だから、料理を始めたことは自分にとっても本当に新しいチャレンジでした。親はYouTubeをやっているどころか、料理をしていることすら知らないんです(笑)」
次のページ 
編集も撮影もスマホ一台
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ