Love

「彼に嫌われたくない!」猫かぶっていた28歳女性のリアルがバレた瞬間

今が旬のとうもろこし。最近スーパーなどで並んでいるのをよく見かけますね。今回は、女性2人のとうもろこしにまつわるエピソードをご紹介しましょう。

同棲解消された過去が

膝をかかえて黄昏れる女性

写真はイメージ(以下同じ)

斉藤茉莉さん(仮名・28歳・契約社員)の場合。 「Y(30歳・メーカー勤務)と付き合い始めて半年になるのですが、絶対に今度こそはプロポーズされたい!とひそかに意気込んでいるんですよ」 実は以前、同棲していた元カレの前で気を抜きまくっていたら『女を感じなくなった』と振られてしまった茉莉さん。二度と同じ失敗を繰り返さないようにしなくちゃと気を張っているそう。 「なのでYの前では大きな口をあけることもできず、ハンバーガーも食べられない感じで過ごしているんですよ」

クローゼットから声が?

そんなある日、茉莉さんはいつものように会社帰りにYさんの部屋に寄り、ひとり帰りを待っていました。 「その日はYが帰ってきたら一緒に外食しに行く予定になっていたのですが、ちょっと小腹が空いていた私は、スーパーで買ってきた茹でとうもろこしを食べ始めたんです」 とうもろこし実は茉莉さん、いつもYさんとの食事の前にちょっと何かをお腹に入れておいて、少食のフリをしていたんだとか。 「Yにもっと好かれたくて、つい可愛い女の子を演じていたんですよね。Yが帰ってくる前に食べ終わらなくちゃと、勢いよくとうもろこしにかじりついていたら…クローゼットから笑い声が聞こえてきて」 すると「めっちゃ美味しそうに食べるね~」と笑いながらYさんがクローゼットから出てきました。 驚き過ぎた茉莉さんは、唖然として固まってしまったそう。 「実はY、出先から直帰してはやく家に帰ってこれたので、私を驚かせようとクローゼットに隠れていたそうなんです。子供みたいですよね」 無理して少食ぶっていた茉莉さんでしたが、すべてバレてしまい、落ち込んでしまいます。
次のページ 
あからさまに落ち込むものの
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ