Lifestyle

なんてこった!楽しいはずの旅行が地獄に…母子を襲った“ブツブツ悲劇”

 世界中を恐怖に陥れたコロナウイルスに翻弄されたこの2年ですが、コロナ以外でも侮ってはいけないのが“子どもの夏風邪”。  今回お話を聞いた佐伯美鈴さん(仮名・31歳・主婦)も、コロナ禍前の帰省でとんでもない目に遭ったそうです。

夏休みは夫の実家がある北海道に帰省

夏休みは夫の実家がある北海道に帰省

写真はイメージです。(以下同じ)

「毎年、夏は主人の地元である北海道に1週間ほど帰省しています。義両親は狭いアパート住まいなので泊まる場所がなく、わたしたち一家は近所の宿でのんびり宿泊。義両親の家に顔を出すだけで、帰省とは名ばかりの気楽な旅行です。涼しい気候と大自然が味わえて、家事から解放される夏の帰省は、毎年行くのが楽しみでした」  けれど、その年は最悪だったとか。

プールで寒いと震えだした息子

「北海道に着いてすぐ、5歳の息子を地元の室内プールに連れて行ったんです。そこで息子が寒いと震えだして、身体を触ったらめちゃくちゃ熱かったんです。ビックリしてすぐにプールを出て宿に戻り、熱を測ったら38度の高熱でものすごく慌てました」  慣れない土地で病院を探し、診察してくれる小児科を見つけ駆け込んだ美鈴さん。 「喉が痛いと言うので診てもらったら、喉に白いブツブツがたくさんできていて、ヘルパンギーナ(喉が痛くなる夏風邪)だろうと言われました。解熱剤など薬を処方してもらいましたが、心配でたまりませんでした」
次のページ 
食事も食べられない状態に…
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ