Love

米国人の夫と初めて帰省「もうライスは食べられない」離婚のきっかけに…

外国の方と結婚すると、異文化を深く知ることができそうですよね。お互いの国に一緒に行くのは、旅行とはひと味違うステキな体験になるはず…。しかし、中にはそれが原因で離婚に至ってしまうケースもあるようです。
飛行機

写真はイメージ(以下同じ)

初めて一緒に日本へ

「出発前は、すごく楽しい帰国になると思ったんです」 そう話すのは田本舞花さん(ダンスインストラクター/30歳)。舞花さんは20代半ばにダンスでアメリカに留学。そこで出会ったアメリカ人のAさんと結婚しました。 「彼は日本の文化が好きだったので、初めての日本にすごくワクワクしていました。私も彼に日本を紹介できるのが、とても楽しみでした」 舞花さんの家族は写真やビデオ通話でAさんに会っているものの、実際に会うのは初めて。英語を勉強したりして、Aさんに会うのを心待ちにしていました。

休む間もなく通訳に

地方都市長時間のフライトの末に地方の実家に着き、舞花さんの家族はふたりを大歓迎してくれました。しかし、ほっとする間もなく、舞花さんは家族とAさんの通訳に徹することに。 「彼は全く日本語ができないので、家族はすごく簡単な英語でAとやりとりしようとしていました。でも、ちゃんとした会話となると難しいので、私が常に通訳していました」 Aさんはもともと“奥さんにべったり”なタイプでしたが、日本に来てからは普段以上に舞花さんの側を片時も離れませんでした。 「多分、言葉が分からないから不安になったのかも知れません。いつも以上にべったりと側にいるので、私もずっと、何もかも通訳しなきゃならないので、家族と自由に会話もできない感じになってきたんです…」 そして言葉が通じず不安なAさんはじょじょに不機嫌になり…
次のページ 
楽しいはずの旅行が一転
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ