Beauty

「貧乳」という言葉はもう古い!?元下着販売員が伝えたい大切なこととは

皆様こんにちは、元下着販売員のちーちょろすです。近年、ボディポジティブという言葉が生まれて、体型への価値観が変わり始めています。ありのままの体型を愛そうという考え方ですが、まだまだ相手の外見について口出しをする人は多いです。
you are beautiful ボディポジティブ

写真はイメージです(以下同じ)

中でもバストは、女性の中で優劣をつけてくる人がいるパーツの1つで、大きいバストは「巨乳」小さいバストは「貧乳」という言葉が世間では浸透しています。 筆者は下着販売員時代からこれらの言葉をお客から聞くことが多かったのですが、今回は「貧乳」というワードについてお話ししていきたいと思います。

貧乳はもう古い?

そもそも「貧乳」という言葉は「バストが小さい=貧しい」という意味で使われており、自虐的なジョークを言う場合や、卑下をしたり、相手をからかったりする時に使われることが多いです。 まあ、「貧しい」が入っている言葉なんて言われて嬉しい言葉ではないですよね。さまざまな体型や考え方を受け入れ始めている現代では、このように体をネガティブな意味で表す言葉はナンセンスかもしれません。

小さいことは貧しいことではない

そもそもこの「貧乳」という言葉は1995年頃に生まれた言葉ですが、当時はバストは大きい方が女性として価値があるように考えられていた時代です。しかし、歴史をたどってみればバストの大きさなんて関係ない時代もあれば、小さい方が魅力的だった時代もあります。 小胸もちろん他にもいろんな視点で見ればまた変わってはきますが、いま現在、“バストが小さいことはネガティブじゃない”と思っている人が増えています。 例えば、多く運動をする人はバストが小さい方が揺れにくく、腕を動かしやすいからそのほうが良かったり、または、バストが小さい方が自信を持てる女性もいたりします。そういった女性に対して一方的に「貧しい」という言葉を投げつけるのはおかしなことではないでしょうか。
次のページ 
他人に言われる前に自虐していた人も
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ