Lifestyle

コロナ陽性なら自宅療養でも入院給付金が出る。注意すべき「支払い対象外の場合」とは?

女性が一生、お金に困らないためのレッスン vol.20/経済評論家・佐藤治彦>  2022年の夏は、新型コロナウイルスの第7波の猛威に日本中が翻弄(ほんろう)されました。
新型コロナウイルス、マスク、風邪、インフルエンザ、通勤

写真はイメージです(以下同じ)

 予定されていた全国的な旅行支援の7月からのGoToキャンペーンは延期されてしまいましたが、国主導の緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置は取られませんでした。  しかし、7月下旬からは全国での新規感染者数は今までの最高の1日20万人を大きく超えることもあり、それとともに重傷者数、死者数も増えてしまいました。去年の夏以上に、医療現場では通常医療の確保が難い状況になっているとも言われます。  特にオミクロン株が主流になってからは、皆さんや、皆さんの周りでも感染した人が多く出たのではないでしょうか?

コロナでの入院は入院給付金が支払われることが多い

 新型コロナウィルスは私たちの生活に大きな変化をもたらしただけでなく、経済的にも多大なダメージを与えています。  8月に政府から発表された数値によると、私たちの実質賃金は3か月連続で低下しているとのことです。コロナに感染してしまい、何日も仕事から離れたことによって減収になった人も多いのではないでしょうか。  減収になっただけでなく、自ら得ることのできる仕事以外からの収入も気づかないままに放ったらかしにしている人が多いものです。新型コロナウィルスにまつわることにもあります。 病院 入院 点滴 新型コロナウィルスに感染し入院などをした場合。日本では全額が公費で賄(まかな)われることになっていますので本人の負担はありません。ワクチン接種の費用も全額国が負担しているのもご存知の通りです。  そういう背景から気づいていない人が多いのですが、もしも、あなたがコロナで入院した場合には、民間の医療保険の加入者には入院給付金が支払われることが一般的なのです。  つまり、コロナの入院ではお金を一切払っていないけれども、入院をしたので、通常の入院と同等に民間の保険会社から入院給付金が支払われるというわけです。
次のページ 
自宅療養・ホテル療養で入院給付金が出る!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ