Entertainment
News

“誰もが知る名曲”の歌姫、73歳で死去。乳がんと闘い続けた

 世界的歌手のオリビア・ニュートン・ジョンが、今月8日、73歳で亡くなった。「カントリー・ロード」など日本でも大ヒットを飛ばし、2021年には日本の勲章の一つ「旭日小綬章」を授与されたオリビア。出身地であるオーストラリアでは、公葬が計画されているという。

乳がんで30年以上にわたり闘病生活

Bangshowbiz20220812

オリビア・ニュートン・ジョン

 イギリスで生まれたオリビアは、のちにオーストラリアに移住。1970~80年代にかけてポップス界を席巻したが、1992年に最初の乳がんと診断された。いったんは病を克服したものの、再発を繰り返し、約30年以上にわたり闘病生活を続けてきた。  がんと診断されて以降、積極的にがん患者の支援や啓発活動を行ってきたオリビア。そうした活動が評価され、2019年にはオーストラリア最高の栄誉の一つとされるオーストラリア勲章を受章した。  生前、偉大な功績を残したオリビアの訃報に接し、ビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相は“公式の追悼式典”を行うことを発表。遺族もこの申し入れを承諾したと伝えられている。

「葬儀というよりコンサートにしたい」

 甥のトッティ・ゴールドスミスさんは8日、豪番組に出演し、多くの人々から愛された伯母を偲んだ。2013年に亡くなったオリビアの姉ローナの娘であるトッティさんは、「自分や兄弟にとって、オリビアは母のような、もしくはそれ以上に大切な存在で、私たちの人生の一部だった」と心情を吐露。そのうえで、豪から公葬の話があったことについて明かし、次のように語った。 「私達はその申し出を受け入れようと思っています。それは家族のためというだけではなく、オーストラリアも必要としていることだから。彼女はとても愛されていたのです」 「私達の国がそれを必要としている。だから、われわれ家族も受け入れることにしたのです」  公葬の日時や会場など詳細については、現在、遺族と関係者の間で調整が続いているそうだが、アンドリュース首相は「葬儀というよりコンサートのようなものにしたい」と話している。
次のページ 
「日本公演拒否」で物議を醸したことも
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ